misono「めっちゃ簡単!」…愛犬・愛猫の医療費用保険 | RBB TODAY

misono「めっちゃ簡単!」…愛犬・愛猫の医療費用保険

エンタメ フォトレポート

misono
  • misono
  • 「あ・う・て ペットの保険」発表
  • au損害保険専務取締役の柳保幸氏
  • 「あ・う・て ペットの保険」発表
  • 「あ・う・て ペットの保険」発表
  • 坂本美雨
  • 坂本美雨
  • misono
 au損害保険株式会社は22日、東京・恵比寿で、愛犬・愛猫の入院・手術にフォーカスしたリーズナブルなペット医療費用保険「あ・う・て ペットの保険」を発表。ゲストに猫を愛する坂本美雨や、愛犬と暮らすmisonoが登壇した。

 「あ・う・て ペットの保険」は、保険金支払割合・支払限度額別に2つのコース(コース70・コース50)が設定されている。例えば、支払い負担3割となる「コース70」の場合、ミニチュアダックス1歳で、月々の支払いは1,360円。対象となる治療内容は、「入院・手術」「日帰り手術」「入院」の3つ。「通院」は含まれない。

 保険金支払いは、年間の支払い限度額までなら、回数無制限(1回あたりの限度額もなし)。また、ペット専門の獣医師が、24時間365日無料で対応する「かかりつけ獣医師ダイヤル」なども設置される。新規の加入はペットが満10歳までで、継続することによって終身補償となる。

 これまで、ペットには公的な健康保険がないなどから、ペットの入院・手術などの治療費は全額自己負担とされていた。例えば、ミニチュアダックスが「椎間板ヘルニア」を患った場合、一般的に入院治療費105,000円、手術1回120,000円で、治療費合計225,000となる。このとき「コース70」に加入していれば、利用者負担は67,500円となる。

「スマホで簡単に、5分ほどで加入できた」というmisonoは、「人間も動物も健康が第一。生きているだけで幸せって思いたいけど、いつ何があるかわからないから、こうした保険の存在をもっともっと知ってもらって、少しでも安心を感じてほしい」と話した。

 また、「これまでずうっと猫と暮らしてきた」という坂本は、「大好きな猫と長くいっしょにいたいから、このペット保険を選んで入ってみた。“まさか”に対応できる、心強い商品だと思う。友だちにも伝えたい」と語っていた。
《大野雅人》

関連ニュース

特集

page top