村上春樹、9年ぶり短篇集『女のいない男たち』が発売前に10万部重版 | RBB TODAY

村上春樹、9年ぶり短篇集『女のいない男たち』が発売前に10万部重版

エンタメ その他

村上春樹の9年ぶり短篇集『女のいない男たち』が4月18日発売
  • 村上春樹の9年ぶり短篇集『女のいない男たち』が4月18日発売
 文藝春秋は27日、作家・村上春樹の9年ぶりとなる短篇集『女のいない男たち』(4月18日発売)について10万部の事前重版を決定した。初版20万部と合わせて、現段階での発行部数は30万部となった。

 同作は今月15日に発売発表および予約が開始されたが、同社は「3月15日の発売告知・予約開始直後より、書店やネット書店への予約を多数いただいていることをうけ、事前重版の決定に至りました」と説明している。

 『女のいない男たち』は、村上氏の短篇集としては2005年刊行の『東京奇譚集』(新潮社)以来。書き下ろしの1作品のほか、タバコのポイ捨てにまつわる表現で抗議を受けた『ドライブ・マイ・カー』など、月刊誌等に掲載された5作品を加えた全6作品が収録される。
《花》

関連ニュース

特集

page top