Windows XPサポート終了直前のパソコン販売動向……GfK Japan調べ | RBB TODAY

Windows XPサポート終了直前のパソコン販売動向……GfK Japan調べ

エンタープライズ その他

パソコン対前年成長率
  • パソコン対前年成長率
  • 家電量販店 対前年成長率
 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンは3月26日、パソコンのB2BおよびB2C市場における販売動向を発表した。全国の有力家電・IT取扱店(量販店、専門店、ネット通販等)の販売実績を基に、市場規模相当に拡大推計したものとなっている(メーカー直販は除く)。

 Windows XPサポート終了目前となり、特にB2B(法人向け)市場が高成長を見せている。リプレース需要により好調に推移していた販売台数が、10月以降、前年比約5割増で推移している。ちなみにGfKが2013年6月に実施したIT担当者向け調査では、XPの対策完了時期は「2014年1~3月」が最多だったが、「4月以降」とする回答も見られることから、今後も緩やかながらXPのリプレース需要が続くと見込まれている。

 一方、B2C(一般消費者向け)市場は、タブレット端末やスマートフォンの普及に押され2013年は2桁減に落ち込んでいたが、14年1月にはプラス成長に転じ、2月も数量前年比7%増と成長を維持。さらに3月に入り需要が急拡大しているとのこと。家電量販店におけるパソコンの販売動向をみると、数量前年比86%増、金額前年比119%増を記録しており、パソコンの販売ピークである年末年始商戦(12/30-1/5)を上回った。XPのサポート終了に加え、4月の消費増税が影響したと見られる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top