KDDI、衛星携帯端末「Explorer 710」を3月24日に発売……最大384kbpsの高速データ通信に対応 | RBB TODAY

KDDI、衛星携帯端末「Explorer 710」を3月24日に発売……最大384kbpsの高速データ通信に対応

IT・デジタル モバイル

衛星携帯端末「Explorer 710」
  • 衛星携帯端末「Explorer 710」
 KDDIは20日、衛星通信を利用したインマルサットBGANサービスに対応した衛星携帯端末「Explorer 710」 (英国Cobham製)を3月24日から発売すると発表した。

 インマルサットBGANサービスは、上空36,000kmに配備され全世界をカバーするインマルサット衛星を経由する衛星通信サービスで、音声通話サービス、ISDNサービス、パケット通信サービス、最大384kbpsのストリーミングIPデータ通信サービスなどを提供する。通信手段が整備されていない場所でも通信が可能な点が特長。

 「Explorer 710」は、現行の「Explorer 700」の後継モデルで、新たに高速のストリーミングIPデータ通信「HDR (High Data Rate)」に対応した。「Explorer 710」発売で、「Explorer 700」は販売を終了する。

 Wi-Fiは802.11 b/gに対応。インターフェースとしてUSB2.0、有線LAN×2、ISDN×1、RJ11(電話・FAX)×1を装備する。本体サイズは幅279mm×高さ332mm×奥行54mm、重量は3.2kg(バッテリーを含む)。連続通信時間は2.5時間(144kbps通信時)、連続待受時間約36時間。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top