処理性能を20%向上させた無停止型サーバ「Express5800/ft」新製品 NEC | RBB TODAY

処理性能を20%向上させた無停止型サーバ「Express5800/ft」新製品 NEC

エンタープライズ ハードウェア

Express5800/R320d-M4
  • Express5800/R320d-M4
  • 価格、出荷開始日
  • 無停止型サーバ新製品 主な仕様
 日本電気(NEC)は3月18日、CPUやメモリなど主要なハードウェアをすべて二重化(冗長制御)し、ハードウェア障害によるシステム停止のリスクを低減した、無停止型サーバ「Express5800/ftサーバ」のWindowsモデルの新製品を発表した。同日より販売を開始する。

 新製品は、10コアのCPU「インテルXeonプロセッサE5-2670v2」を最大2個搭載し、メモリ最大動作周波数を従来の1333MHzから1600MHzに高速化することで、処理性能を従来比最大20%向上させている。6月からは、Windows Server2012 Hyper-Vに対応し、補助記憶装置にSSDをサポートしたモデルの出荷が予定されている。

 万が一のハード障害の際は自動的に故障ハードウェアを切り放し、稼働を続けることが可能。本体付属の状態監視ソフトウェア「SingleServerSafe for ftサーバ」を活用すれば、軽微なソフトウェア障害については、障害が発生したソフトウェアを再起動することで、自動復旧を試みる。

 モデルは、Windows Server 2008 R2モデル、Windows Server 2008 R2長期保守対応モデル、Windows Server 2012モデルの3種を用意。「長期保守(10年)対応モデル」は、工場の生産ライン制御や物流管理など、設備投資のサイクルが比較的長期となるユーザー向けとなっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top