林葉直子、故・安西マリアさんの“破天荒な人生”つづる……「スキャンダルとお酒にまみれて生きた」 | RBB TODAY

林葉直子、故・安西マリアさんの“破天荒な人生”つづる……「スキャンダルとお酒にまみれて生きた」

エンタメ ブログ

 重度の肝硬変を患い入院している元女流棋士でタレントの林葉直子が、15日に死去した歌手・安西マリアさんをブログで追悼。生前の安西さんとの交流についてつづっている。

 肝硬変のため、現在はブログ更新を控えるほど体調が悪化していることを明かしていた林葉だが、17日にはかつて親しくしていた安西さんの訃報に触れ、「安西マリアさんへ。」と題してブログを更新。林葉は、かつて自身が六本木でカレー店を営んでいた当時に安西さんとよく酒席をともにしていたことを明かし、「彼女が歌っていたライブハウスは私の店の隣のビルだったこともあって、カレー屋を終えると、私はその足でライブハウスに直行。当時は肝臓も強かったので、朝まで飲むこともしょっちゅうでした。一緒に温泉に行った時は、飲み比べになって二人ともへべれけになったのもいい思い出です」と、当時を振り返った。

 安西さんの生前の姿を自身と重ね、「思えば、二人ともスキャンダルとお酒にまみれて生きてきた破天荒な人生でした」と、しみじみと語った林葉。「人生の良き先輩として私の愚痴もよく聞いてもらいました。本当に優しい方でした」と故人を偲ぶとともに、「マリアさんは先に天国に召されましたが、天国でまた、一緒に良いお酒を飲めるのが楽しみです。心よりご冥福をお祈りいたします」と追悼した。

 安西さんは、15日夜に急性心筋梗塞のため都内の病院で亡くなったことが報じられた。60歳だった。
《花》

関連ニュース

特集

page top