真木よう子、やや緊張気味の付き合い始めから“破局間際”まで | RBB TODAY

真木よう子、やや緊張気味の付き合い始めから“破局間際”まで

エンタメ その他

真木よう子とのドライブデートを疑似体験できる新コンテンツ「SAI DRIVE-GO-ROUND」
  • 真木よう子とのドライブデートを疑似体験できる新コンテンツ「SAI DRIVE-GO-ROUND」
  • 真木よう子とのドライブデートを疑似体験できる新コンテンツ「SAI DRIVE-GO-ROUND」
  • 真木よう子とのドライブデートを疑似体験できる新コンテンツ「SAI DRIVE-GO-ROUND」
  • 真木よう子とのドライブデートを疑似体験できる新コンテンツ「SAI DRIVE-GO-ROUND」
 女優の真木よう子が恋人役を演じ、ドライブデート気分を味わえる新コンテンツ「SAI DRIVE-GO-ROUND」が10日、トヨタのウェブサイト「TOYOTOWN」で公開された。

 同コンテンツは、ハイブリッド専用車「SAI」に乗って、助手席に座る恋人役の真木との首都高速ドライブを追想できるもの。マウスをドラッグすることで360度カメラによって撮影された車内外の風景を自由に見渡せるムービーコンテンツとなっている。

 用意されているのは「付き合って初めてのドライブ」(初々しい頃)、「2年目のドライブ」(一番楽しい頃)、「4年目。最後のドライブ」(別れの予感がある頃)の3つのドライブシーン。それぞれの状況に合わせた恋人の感情を助手席に座る真木が表現しており、2人の距離感や、親密度、恋心の移り変わりを追想しながら、“いなくなってしまった恋人”とのデートでの照れくささや、幸福感、切なさなどを追体験できる内容となっている。

 なお、同コンテンツ制作は、世界各国の広告賞を受賞している「PARTY Inc.」と「株式会社バスキュール」が担当。映像監督は、文化庁メディア芸術や、PROMAX AWARDS などで受賞歴があり、Corneliusのミュージックビデオや、KDDI au のTVCFを制作した辻川幸一郎氏が務め、劇中歌は今話題の映画「ジャッジ!」で脚本を担当した澤本嘉光氏が作詞を担当している。
《花》

関連ニュース

特集

page top