グッチの美術館、現代アート界が最注目する3名の女性アーティストの作品展示 | RBB TODAY

グッチの美術館、現代アート界が最注目する3名の女性アーティストの作品展示

 グッチ ミュゼオ(GUCCI MUSEO)のコンテンポラリーアートスペースでは、ピノー・コレクションが所蔵する3人の女性アーティスト、エヴリン・アクセル、リー・ロザーノ、アリーナ・シャポシニコフの作品を展示している。

エンタメ その他
Photos by Alessandro Moggi - (c)Gucci
  • Photos by Alessandro Moggi - (c)Gucci
  • 会場では、GUCCI MUSEOの内装に残るレリーフがアリーナ・シャポシニコフの作品にマッチング
  • 物体における男性的な世界の平凡さを抽象的・直接的に表現したリー・ロザーノの作品
フィレンツェの美術館・グッチ ミュゼオ(Gucci Museo)のコンテンポラリーアートスペースでは、フランソワ・ピノー(Francois Pinault)のコレクションが所蔵する3人の女性アーティストの作品を展示している。9月7日まで。

「Femminilita Radicale」と題された本展では、エヴリン・アクセル、リー・ロザーノ、アリーナ・シャポシニコフにフォーカス。過激なアプローチゆえにアート界の第一線から退いていた彼女達の作品は、近年になり個展や合同展などが開催され、再び注目を浴びている。この3アーティストの作品が一堂に展示されるのはヨーロッパでは今回が初。

ベルギー出身のエヴリン・アクセルは、1935年生まれ。陶芸を学んだ後、女優として活躍。その後63年に絵画に転向し、ポップアート運動でも活躍。宇宙飛行士のヘルメットだけをかぶった裸の女性を登場させるパフォーマンスを行うなど、エロチシズムや女性らしさ、宇宙飛行などをテーマにした作品を発表した。72年逝去。

アメリカ出身のリー・ロザーノは、1930年生まれ。90年代半ばに活動を開始し、くぎや金槌などをそのまま素材として表現に使用し、男性上位主義と資本主義への激しい拒絶を表す作品を創作。その過激さゆえ表舞台から遠ざかっていたが、90年代後半より再び脚光を浴び始め、現在では20世紀後半の美術史におけるキーパーソンと見なされている。1999年逝去。

ポーランド出身のアリーナ・シャポシニコフは、1926年生まれ。62年ベネチア・ビエンナーレに出品し、その後パリで個展を開催。魅力的な体、苦しむ体、病気に蝕まれている体など、様々な状態にある「体」をテーマとしたスケッチや彫刻を製作した。1973年逝去。

会場であるグッチ ミュゼオは、イタリアを代表するブランド「グッチ」の創立90周年を記念して、その長い歴史を振り返ることができる美術館として、11年9月にオープンした。


【展覧会情報】
Femminilita Radicale
ピノー・コレクションから、リー・ロザーノ、アリーナ・シャポシニコフ、エヴリン・アクセル
会期:2014年2月21日から9月7日、無休
時間:10:00から20:00
会場:Gucci Museo
住所:10, Piazza della Signoria, Florence
《Maki Ushitora》

関連ニュース

特集

page top