佐村河内氏、ゴーストライター新垣氏に“恨み節”……「なぜ暴露したのか」 | RBB TODAY

佐村河内氏、ゴーストライター新垣氏に“恨み節”……「なぜ暴露したのか」

エンタメ その他

記者会見で一連の騒動を謝罪した佐村河内守氏
  • 記者会見で一連の騒動を謝罪した佐村河内守氏
 ゴーストライター問題の渦中にある佐村河内守氏が7日、都内で記者会見を行い、一連の問題について釈明。会見の席では佐村河内氏のゴーストライターを18年間にわたって務めたことを明かしていた桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏への反論を繰り広げた。

 トレードマークの長髪を切り、ヒゲを剃った別人のような姿で登壇した佐村河内氏は、神妙な表情で今回の騒動を謝罪。疑われていた聴覚障害については、全ろうではないものの健常者と同じようには聞こえていないことを強調した。

 また、会見では今回の佐村河内氏の問題について先に会見を開いて告白していた新垣氏について“恨み節”を展開。「新垣氏自身がゴーストライターを務めていることが発覚することを恐れていたにもかかわらず、なせ暴露するに至ったのか」と、同氏の言動の不審さを訴えるとともに、同氏がゴーストライターを辞めたいと求めていたと発言したことについて、佐村河内氏は新垣氏に新しい曲のアイデアを伝える際のエピソードを披露して反論。「私が新しい曲の内容などを伝え、ギャラを提示すると、彼は毎回、最初は首を横にふる。次に少しギャラを上げると、彼は渋い顔をする。そして値段をもっと上げると、彼は笑顔で承諾していました。これが、『こんなことはもう辞めたい』と思っていた人でしょうか」などと疑問を呈した。
《花》

関連ニュース

特集

page top