新宿の街並みを描いたテキスタイルを発表 | RBB TODAY

新宿の街並みを描いたテキスタイルを発表

エンタメ その他

ファリエロ サルティとのコラボによるストール
  • ファリエロ サルティとのコラボによるストール
  • オンリーMIオリジナル柄の長傘
  • ハンカチはピンク、ブルー、ネイビーの3色展開
  • オリジナル柄のテーマは「新宿の町並み」
  • ファリエロ サルティとのコラボによるストール
  • オンリーMIオリジナル柄の長傘
  • オリジナル柄のテーマは「新宿の町並み」
  • ハンカチはピンク、ブルー、ネイビーの3色展開
三越伊勢丹は、オリジナル商品を提案する全館キャンペーン「オンリーMI」をスタート。伊勢丹新宿店本館1階婦人雑貨コーナーでは、「新宿の街並み」をテーマにしたイラストがプリントされたオリジナルのテキスタイルを製作し、その生地を使用したストールや、傘、ハンカチなどが販売されている。

イラストは、日本テキスタイルデザイン協会の理事を務める、テキスタイルデザイナー・豊方康人によるもの。新宿周辺の街の風景と、全国(世界)から買い物客が訪れる伊勢丹新宿店をイメージして描き下ろされた。ハンカチは、ブルー、ピンク、紺の3色展開。傘はブルーのテキスタイルを採用。更に、イタリアの老舗テキスタイルメーカー「ファリエロ サルティ(Faliero Sarti)」とのコラボによるストール(ブルー)も登場する。

婦人雑貨の売り場では、機能とデザイン性を兼ね備えた商品の開発がシーズン毎に常に求められている。しかし、「新しい商品をゼロから開発する際、国内外の優良ファクトリーはデザインリソースを持たないことが課題であった」と今回の企画を担当した三越伊勢丹婦人雑貨統括部の市毛菜緒バイヤーは語る。

「そこで、ファクトリーとプロのデザイナー集団を繋げることから企画がスタートした。今回は、日本人のテキスタイルデザイナーが約200名加盟する法人『日本テキスタイルデザイン協会』をパートナーに選定。百貨店がファクトリーとデザイン協会の間に入り、顧客の要望を双方に伝えることで、顧客が求める機能性・デザイン性を兼ね備えた商品の開発に繋がると考えた。今回、サルティを採用したのも、オリジナルのイラストを綺麗に再現するには、モダールシルク素材を得意とし、インクジェットプリントの技術が優れているファクトリーだから。今後も、その時その時のデザインが活かせる素材や技術を持つ国内外のファクトリーと取り組んでいく」と話す。

三越伊勢丹、新宿の街並みを描いたオリジナルテキスタイルを発表。ファリエロサルティとのコラボも

《編集部》

関連ニュース

特集

page top