Apple、ピーター・オッペンハイマーCFOが9月末で退職へ | RBB TODAY

Apple、ピーター・オッペンハイマーCFOが9月末で退職へ

エンタープライズ 企業

ピーター・オッペンハイマー氏
  • ピーター・オッペンハイマー氏
 米Appleは現地時間3月4日、同社のシニアバイスプレジデント兼CFO(最高財務責任者)であるピーター・オッペンハイマー氏が9月末で退職することを発表した。

 同社の財務担当バイスプレジデント兼コーポレートコントローラーを務めるルカ・マエストリ氏が、CEO(最高執行責任者)であるティム・クック氏の直属として、オッペンハイマー氏の後任を務め新CFOとなる。オッペンハイマー氏はCFO職を6月にマエストリ氏に譲り、残りの期間で彼の専門的な責務を円滑に引き継ぐ予定だ。

 オッペンハイマー氏は、1996年にAppleに入社。1997年にバイスプレジデント兼ワールドワイドセールスコントローラーに昇進し、財務経理、資金、IR(投資家向け広報)、税務、情報システム、内部監査、施設部門を監督してきた。彼がCFOを務めた期間にAppleの年間売上高は20倍以上に成長したという。

 一方マエストリ氏は、Nokia Siemens Networks、Xeroxの2社でCFOを務めた後、2013年3月にApple入社。Appleの財務機能の大半を管理している。

 ティム・クックCEOは、「彼はCFO職のみならず、財務以外の様々な領域でも、Apple全体の付加的な業務の手伝いを頻繁に引き受けてくれました。AppleのCFOとしての彼の貢献と誠実さは、上場企業CFOに求められる新しい基準を築いたのです。ピーターは、私が常にその存在を意識して頼ることができる親愛なる友人でもあります。彼が去るのを見送るのは残念ですが、彼が自分や家族のために時間を費やすことを嬉しく思います」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top