カンニング竹山、急性胃腸炎で“福岡会”欠席し無念……タモリに謝罪 | RBB TODAY

カンニング竹山、急性胃腸炎で“福岡会”欠席し無念……タモリに謝罪

エンタメ ブログ

急性胃腸炎でダウンしていたカンニング竹山
  • 急性胃腸炎でダウンしていたカンニング竹山
 お笑いタレントのカンニング竹山が、急性胃腸炎を患ったため26日に行われた“福岡会”に参加できなかった悔しさをTwitterにつづっている。

 福岡会とは、3ヵ月に1度の頻度で福岡出身の芸能人たちが一堂に会して催される宴会。お笑いコンビ・パンクブーブーの黒瀬純が2月15日配信の芸人動画ニュースサイト「デイリーよしもと」で明かしたところによると、黒瀬が同郷のタモリや陣内孝則らをダメもとで誘いかけたところから発展し、今ではタモリ、陣内のほかに、井上陽水や藤井フミヤなどの大物芸能人らも参加する会になったという。

 そんな福岡会に竹山も参加予定だったが、なんと同日昼に急性胃腸炎にかかり病院で治療を受けたことを自身のTwitterで報告。病院のベッドに横たわる自身の写真とともに、「色々とご迷惑をかけた方大変申し訳ありませんでした!」と謝罪したが、治療によりだいぶ回復したようで、27日には「笑っていいとも!」にゲスト出演。その後の病状を心配するタモリに竹山は福岡会欠席の件を詫びたようで、「昨夜行われた福岡会に自らタモリさんを誘っておきながら病欠した事をいいともにてタモリさんに詫びる。 次の福岡会は絶対に行くけんね!」と、楽しみにしていた大事な会を欠席してしまった悔しさをにじませた。

 なお、この日の福岡会にはタモリ、黒瀬のほか、博多華丸や原口あきまさらが参加したようだ。
《花》

関連ニュース

特集

page top