富士通とマイクロソフト、新パブリッククラウド「A5 for Windows Azure」提供開始 | RBB TODAY

富士通とマイクロソフト、新パブリッククラウド「A5 for Windows Azure」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「FUJITSU Cloud PaaS A5 for Windows Azure」構成図
  • 「FUJITSU Cloud PaaS A5 for Windows Azure」構成図
  • 「FUJITSU Cloud PaaS A5 for Windows Azure」の提供構成図
  • 販売価格、および提供開始時期
 富士通は2月25日、従来提供していたWindows Azureベースのパブリッククラウドをリニューアルし、「FUJITSU Cloud PaaS A5 for Windows Azure」(A5 for Windows Azure)として、26日より提供することを発表した。

 リニューアルでは、同社のデータセンターにおいて2011年8月より提供してきたサービス環境を、米マイクロソフトが日本に開設するデータセンターに移設する。これにより、マイクロソフトの日本国内のデータセンターから提供されるWindows Azureの最新機能を、マイクロソフトと同一価格で利用できるとのこと。Windows Azureのサービス契約も富士通が直接顧客と行う。

 あわせて、従来からの24時間365日の日本語サポート、Windows Azure対応ソフトウェア、「A5 for Windows Azure」上で稼働するアプリケーションサービス、データバックアップ、運用監視サービスなどは、継続して利用可能。世界同一サービスの利用やクラウドへの移行もサポートする。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top