NEC、通信事業者向け「Traffic Management Solution」を強化 | RBB TODAY

NEC、通信事業者向け「Traffic Management Solution」を強化

ブロードバンド テクノロジー

「Traffic Management Solution」イメージ
  • 「Traffic Management Solution」イメージ
  • コンポーネント構成
  • 「Traffic Management Solution」の導入メリット
 日本電気(NEC)は2月21日、ネットワーク上の通信データを高度に制御する、通信事業者向けソリューション「Traffic Management Solution」(TMS)の強化を行ったことを発表した。同日より販売を開始する。

 従来から提供している「トラフィック削減ソリューション」に加え、「QoE最大化ソリューション」「トラフィック見える化ソリューション」および「TMS to SDNソリューション」を新たに追加した。

 NEC独自のデータ流量制御およびチューニングを行うことにより、特に混雑エリア、混雑時間帯でのパケット詰まりやスループット低下による体感品質(QoE)の劣化を改善した。導入前と比較して、コンテンツのダウンロード時間が約半分に短縮されるという。また、トラフィック状況に応じて送信量を変動させる予測型ペーシング技術を活用し、混雑地点でのビデオ再生中の停止回数を、導入前と比較して90%以上減少させている。

 また、動画ファイルの圧縮およびキャッシュ、端末ディスプレイの表示性能に合わせた静止画圧縮、およびテキスト圧縮を組み合せることで、30%以上のトラフィック削減を実現。トラフィック統計情報のリアルタイム可視化にも対応している。本ソリューションで見える化したトラフィック情報を、SDNと連携させ、トラフィック傾向に応じ動的にネットワーク設備設計・再構成を行うこともできる。

 なお、NECは本ソリューションを、スペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress 2014」で展示する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top