リクルートポイントが使える・貯まる……観光地O2O施策の実証実験、熱海で | RBB TODAY

リクルートポイントが使える・貯まる……観光地O2O施策の実証実験、熱海で

ブロードバンド テクノロジー

実証実験の全体像
  • 実証実験の全体像
  • ▲参画店舗には「のぼり」がたつ
  • Airウォレット
  • Airレジ
 リクルートライフスタイルは、同社が運営する宿・ホテル予約サイト「じゃらんnet」の会員基盤を活かし、ポイントアプリ「Airウォレット」とクラウドレジアプリ「Airレジ」を使った、観光地への誘客・地元店舗での購買促進施策を、静岡県熱海エリアにて展開する。

 リクルートポイントが商店街で使える・貯まる「観光地O2O(Online to Offline)」モデルとして、熱海エリアの観光を活性していく。実施期間は5月下旬までを予定、参画店舗数は70店舗(2月14日時点)で、順次増える予定。

 この取り組みは、リクルートポイントをフックに観光客を地元店舗へ誘客し、購買を促す。リクルートポイントのポイントアプリ「Airウォレット」を、熱海を訪れる観光客に無料提供すると同時に、参画した商店街店舗(飲食店、土産物店等)が会計時に、クラウドレジアプリ「Airレジ」でポイントの利用処理を行なうことで、リクルートポイントが使える・貯まる店舗となる。

 「じゃらんnet」による熱海エリアへの送客数実績は月間2万人泊以上あるという。この会員基盤を活かし、熱海エリアの宿泊予約者には、「Airウォレット」配布時に、リクルートポイントを旅行前に無料付与することで、来店の動機付けを行なう。

 熱海エリアにやってきた観光客は、「Airウォレット」上で現在地から距離が近い参画店舗を探すことができると共に、ジオフェンシングによってスマートフォンへ店舗情報やキャンペーン情報がPUSH配信され、来店を促される。

●Airウォレット…お店でリクルートポイントを貯める・使うためのアプリ。対応店舗で、会計時にアプリを提示するだけで会計の2%ポイントが貯まり、そのポイントを利用して買い物ができる。

●Airレジ…店舗のレジ業務がスマートフォンやタブレットで行なえるクラウドレジアプリ。従来型のレジシステムは高機能化・高額化が進み、導入費用がかさむ傾向にある。このコスト軽減、業務負荷の軽減を意図したサービスを、店舗に無料で提供する。今後、便利な機能を拡充していくと共に、 「ホットペッパーグルメ」などリクルートライフスタイルが運営するメディアとの連携を行ない、集客面でもサポートする予定だという。

●ジオフェンシング…地図上にバーチャルなフェンスを設置する技術。スマートフォン内のセンサーで位置情報を検知し、“フェンス”の中のユーザーに情報を配信する。今回の実証実験では、ジオフェンスの技術にO2Oソリューション「Profile Passport」を利用している。 「Profile Passport」は、リクルートグループ、ブログウォッチャー、電通が提供する位置情報を活用したジオフェンス機能、および興味や関心を推定するプロファイル機能を、常時接続かつ、消費電力を抑えた形で実現した。

 これらにより、新しい観光地O2Oモデルの確立をめざす。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top