2014年以降の国内スマホ、iOSの市場占有率が50%超と予測 | RBB TODAY

2014年以降の国内スマホ、iOSの市場占有率が50%超と予測

エンタープライズ モバイルBIZ

国内スマートフォン市場 画面サイズ別 出荷台数構成比、2012年第1四半期~2013年第3四半期
  • 国内スマートフォン市場 画面サイズ別 出荷台数構成比、2012年第1四半期~2013年第3四半期
 IDC Japanは2月17日、国内モバイル/クライアントコンピューティング(スマートフォン、タブレット、PCなど)市場における、今後の製品動向分析結果を発表した。

 まず国内スマートフォン市場においては、NTTドコモのiPhoneビジネスへの参入により、iOSのシェアが加速。世界の主流であるAndroidではなく、iOS主導型で市場が展開され、2014年以降は、iOSの市場占有率が50%超になると予測された。

 「5.0~6.0インチ型」製品は複数の新製品が市場投入されるが、2014年~2015年の短期間で市場占有率30%未満となり、台数ベースにおいてモバイル市場全体の中核を占めるまでに成長する可能性は低いと予測された。4.0インチ型クラスが過半数シェアを維持する可能性が高いと同社では見ている。

 なおタブレット市場の画面サイズ別の将来動向としては、7~8インチ型、9インチ型、10インチ以上型の3タイプが共存し、棲み分け可能性が高いという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top