DNP、M2M向けセキュアアプリケーションを開発……データ改ざんを防止 | RBB TODAY

DNP、M2M向けセキュアアプリケーションを開発……データ改ざんを防止

エンタープライズ セキュリティ

動作イメージ
  • 動作イメージ
 大日本印刷(DNP)は2月10日、M2M(機器間通信:Machine to Machine)向けとなるセキュアアプリケーションを開発したことを発表した。本アプリケーションを搭載したSIMカードやセキュアモジュールなどをM2M用機器に組み込むことで、データ保護、改ざん防止が可能となる。

 M2Mにおいては、決済に必要な情報、医療・ヘルスケアで用いるプライバシー情報なども取り扱うため、セキュリティのニーズが高まっている。今回開発されたアプリケーションは、物理的・論理的に内部の解析が困難なICチップに搭載するものとなる。機器の起動時に、パソコン起動時に実行する“セキュアブート”と同様の手順で、機器内のアプリケーションと連携し、機器状態を示す各種チェックデータを照合。することにより、に対する不正な改造やデータ改ざんを検知することが可能となる。

 さらに、利用可能な機器を認証するクライアント認証アプリケーションを組み合わせることで、なりすましを防止することも可能となる。また、既存のSIM等のクライアント認証アプリケーションを本アプリケーションと同一のセキュアチップに搭載することで、複数のセキュアチップを搭載する必要もなくなる。

 今後DNPでは、サービス事業者に提供するほか、本アプリケーションを組み込んだ汎用の半導体パッケージ型セキュアチップや、M2Mクラウドに簡単に接続する機能を備えたM2Mセキュアモジュールの製品化も計画中。2015年度までに本アプリケーションを実用化させるとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top