ソフトバンクグループ、企業向けに「ソフトバンク M2M ソリューション プログラム」提供開始 | RBB TODAY

ソフトバンクグループ、企業向けに「ソフトバンク M2M ソリューション プログラム」提供開始

 ソフトバンクテレコムとソフトバンクモバイルは10月10日、国内外で事業を展開する企業向けに、車両・機械や設備などを遠隔で監視・制御するM2M(機器間通信)を総合的にサポートする「ソフトバンク M2M ソリューション プログラム(SMSP)」の提供を開始した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「ソフトバンク M2M ソリューション プログラム」サービス概要イメージ
  • 「ソフトバンク M2M ソリューション プログラム」サービス概要イメージ
 ソフトバンクテレコムとソフトバンクモバイルは10月10日、国内外で事業を展開する企業向けに、車両・機械や設備などを遠隔で監視・制御するM2M(機器間通信)を総合的にサポートする「ソフトバンク M2M ソリューション プログラム(SMSP)」の提供を開始した。

 「SMSP」は、M2Mに必要なセンサーネットワークの構築から、通信回線・機器調達、データ収集および利活用、さらに、機器ネットワークの保守管理やコールセンター業務まで、すべてワンストップでサポートするサービスとなる。通信にはソフトバンクモバイルおよびウィルコムの回線を使用する。さらに、世界約200の国や地域で利用できるグローバルでのモバイル回線およびセキュアな国際通信ネットワーク(IP-VPN)も提供される。

 具体的には、M2Mセンサーネットワーク、M2Mコネクティビティ、M2M SIMマネジメント、M2Mアプリケーションサービス(SaaS)、ビッグデータM2Mクラウド(PaaS)、カスタマーサポート、課金・請求(決済代行サービス)などを提供する。

 そのほか、各種センサー機器から収集した大量の情報を活用するビッグデータ分析活用サービスを、クラウド型プラットフォームサービスとしてオプション提供する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top