8日から9日にかけて広い範囲で雪 気象庁発表 | RBB TODAY

8日から9日にかけて広い範囲で雪 気象庁発表

ブロードバンド テクノロジー

千葉県市川市(8日午前)
  • 千葉県市川市(8日午前)
  • 気象庁ホームページ
  • 千葉県市川市(8日午前)
  • 千葉県市川市(8日午前)
 気象庁予報部は8日早朝、8日から9日にかけて広い範囲で雪が降り、太平洋側の平野部でも大雪となるとの予報を発表、大雪による交通障害、暴風や暴風雪、高波に警戒を呼びかけている。

 気象庁によると8日早朝現在、西日本と東日本では雪が降っており、太平洋側の平野部でも積雪となっている所がある。西日本では8日、東日本や東北地方では8日から9日にかけて、広い範囲で雪が降り、山地を中心に、太平洋側の平野部でも大雪となる所があるだろう。関東甲信地方と東北太平洋側は平野部でも降雪量が多くなる見込み。

 9日6時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、関東甲信地方:50センチ、中国地方、近畿地方、東海地方、東北地方:40センチの見込みで、東北地方ではその後も降雪量はさらに増えるという。

 また西日本や東日本では太平洋側を中心に風が強まり、海は広い範囲でしけとなっている。東北地方・東日本の太平洋側では、海上を中心に、9日にかけて非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込みだ。雪を伴ってふぶく所もあるという。特に関東地方では海上で猛烈な風、陸上でも非常に強い風が吹くおそれがある。

 交通機関について、JALとANAの空の便は、東京羽田空港での発着便は多数欠航が決定しており、JALは12時以降、ANAは15時以降は全便が欠航する。東京成田空港を発着する運航便については平常通り。

 JR東日本・新幹線各線は平常通り、JR東海・東海道新幹線は一部区間の徐行のため、最大80分ていどの遅れが出ている。

 高速道路は、新東名高速道路(御殿場JCT~三ケ日JCT)上下線、中央自動車道(八王子IC~中津川IC)上下線、中国道(津山IC~下関IC)などで通行止め、北陸道、関越道、東北道で冬用タイヤ装着などの規制がかけられている。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top