荒木飛呂彦・ファッションはキャラの一部 2月5日からメディア芸術祭公開 | RBB TODAY

荒木飛呂彦・ファッションはキャラの一部 2月5日からメディア芸術祭公開

エンタメ フォトレポート

「ジョジョリオン-ジョジョの奇妙な冒険Part8-」作者・荒木飛呂彦氏
  • 「ジョジョリオン-ジョジョの奇妙な冒険Part8-」作者・荒木飛呂彦氏
  • マンガ部門大賞受賞の「ジョジョリオン-ジョジョの奇妙な冒険Part8-」
  • マンガ部門大賞受賞の「ジョジョリオン-ジョジョの奇妙な冒険Part8-」
  • マンガ部門大賞受賞の「ジョジョリオン-ジョジョの奇妙な冒険Part8-」
  • マンガ部門大賞受賞の「ジョジョリオン-ジョジョの奇妙な冒険Part8-」
  • マンガ部門大賞受賞の「ジョジョリオン-ジョジョの奇妙な冒険Part8-」
  • マンガ部門大賞受賞の「ジョジョリオン-ジョジョの奇妙な冒険Part8-」
  • マンガ部門大賞受賞の「ジョジョリオン-ジョジョの奇妙な冒険Part8-」
2月5日から16日まで「平成25年度[第17回]文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が東京・六本木地区で開催される。前日4日にメイン会場の国立新美術館で内覧会が開かれた。

会場ではアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門で国内外4,347点の応募から選ばれた受賞作品と審査委員会推薦作品、功労賞受賞作品などを展示。会場は仕切りが無く、各作品が点在し、奥行きのある風景を見せる。天井には無数の白い糸が張られ、緩やかに下がり天井を作っている。会場構成は建築家の中村竜治が担当した。

内覧会には、各部門の受賞者達が出席。マンガ部門大賞を受賞した「ジョジョリオン-ジョジョの奇妙な冒険Part8-」の作者・荒木飛呂彦氏は、「ジョジョは連載25年を超えた。その重みもあってうれしい」と感想から始めた。

ファッショナブルなキャラクター、極彩色の色使い、そして「グッチ(GUCCI)」とのコラボレーションなどファッション界でも話題の同作だが、「ファッションはキャラの一部。キャラクターは海中でも帽子を脱がない。色使いは連載が始まった80年代に流行っていたヴェルサーチやモスキーノ、ミッソーニなどのイタリアブランドから影響されている」と説明。

最後に「読む人の生活面、精神面に何かしらの影響を与えていると思う。間接的に日本が良くなることにつながればうれしい」と53歳とは思えない相変わらずの若々しい表情でコメントした。因みに何部まで構想があるかは未定とのこと。会場には原画やインスパイアされた音源などが展示されている。

他部門の大賞は、アニメーション部門はユン/ローラン・ボアローによる「はちみつ色のユン」、アート部門はCarsten NICOLAIの「crt mgn」、エンターテインメント部門は菅野薫、保持壮太郎、大来優、キリーロバ・ナージャ、米澤香子、関根光才、澤井妙治、真鍋大度らによる「Sound of Honda / Ayrton Senna 1989」が受賞。それぞれ会場に姿を現した。

会期中同館の他、東京ミッドタウン、シネマート六本木、イベントバー「スーパー・デラックス」で上映会、トークイベント、ライブパフォーマンスなど様々なプログラムが実施される。


【イベント情報】
平成25年度[第17回]文化庁メディア芸術祭受賞作品展
メイン会場:国立新美術館(その他、東京ミッドタウン、シネマート六本木、スーパー・デラックスでも開催)
住所:東京都港区六本木7-22-2
会期:2014年2月5日から16日
時間:10:00から18:00(金曜日は20:00まで)
休館日:2月12日
入場無料

ジョジョの荒木飛呂彦・ファッションはキャラの一部。メディア芸術祭公開。ジョジョリオン大賞

《編集部》

関連ニュース

特集

page top