“チャ友募集アプリ”、個人情報を詐取するものがGoogle Playで複数公開 | RBB TODAY

“チャ友募集アプリ”、個人情報を詐取するものがGoogle Playで複数公開

ブロードバンド セキュリティ

個人情報を密かに外部送信するチャット友達募集掲示板アプリ
  • 個人情報を密かに外部送信するチャット友達募集掲示板アプリ
  • 危険なチャット友達募集掲示板の1つ
  • チャット友達募集画面とプロフィール設定画面
  • インストール時にアプリが要求する多数の権限
 マカフィーは1月31日、無料通話・メッセージングアプリでチャットできる友達、いわゆる「チャ友」を探す「友達募集掲示板」「ID掲示板」関連で、個人情報を詐取するアプリが発見されたことを発表した。

 これらの専用アプリでは、電話番号やメールアドレスを知らせることなく、各種メッセージングサービスのIDを匿名で公開することで、不特定多数のユーザーとチャット等の対話ができる。一方で、出会い系としての利用がされるなど問題も指摘されている。

 今回マカフィーは、そういったアプリの中に、ユーザーの電話番号やGoogleアカウント名(Gmailメールアドレス)といった個人情報も密かに収集する、複数のAndroid端末用チャット友達募集掲示板アプリを、Google Play上で確認したとしている。

 あるアプリは、プロフィール画像、ニックネーム、性別、居住地区などの簡単なプロフィール情報の他、LINE、カカオトーク、mixi、Skypeの4種のサービスのIDを登録し公開することが可能となっていた。また、それらの外部サービスを使用せずとも、このアプリ自体でも直接チャットが可能となっていた。

 しかし、アプリ起動時およびプロフィール登録・更新時は、ユーザーに知られずに電話番号、Gmailメールアドレス、IMEI、SIMシリアル番号がアプリ開発者のサーバに送信されていた。

 一部アプリは、ユーザーインターフェイスやアプリ説明ページが日本語対応されていた。ただし、不自然な日本語の使用や韓国語でのユーザーの発言が見られたりするという。これらすべてのアプリでは、共通の通信先サーバのIPアドレスが韓国のものとなっていた。また一部処理が実装されていないなど、不審な点があったとのこと。また、コミュニケーションアプリとはいえ、不必要とも思える多数の権限が要求されるという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top