「New スーパーマリオブラザーズ」などのWiiソフト海賊版を販売し、逮捕 | RBB TODAY

「New スーパーマリオブラザーズ」などのWiiソフト海賊版を販売し、逮捕

 ACCSによると、沖縄県警生活保安課と宜野湾署は、インターネット掲示板を悪用し権利者に無断で複製されたゲームソフトを販売していた沖縄市の会社員男性を、著作権法違反の疑いで逮捕、那覇地検沖縄支部へ送致した。

ブロードバンド セキュリティ
ACCSによる発表
  • ACCSによる発表
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は11月29日、沖縄県警生活保安課と宜野湾署が11月25日、インターネット掲示板を悪用し、権利者に無断で複製されたゲームソフトを販売していた沖縄市の会社員男性(41歳)を、著作権法違反(海賊版頒布)の疑いで逮捕し、26日に那覇地検沖縄支部へ送致したことを著作権侵害事件として発表した。

男性は2013年8月26日頃、任天堂株式会社が著作権を有するWii用ゲームソフト「New スーパーマリオブラザーズ Wii」ほか4タイトル、株式会社バンダイナムコゲームスが著作権を有するWii用ゲームソフト「太鼓の達人Wii」ほか4タイトル、株式会社カプコンが著作権を有する「biohazard」ほか4タイトルを権利者の許諾を受けないでハードディスクに複製の上、沖縄県の男性に対し代金19,000円で販売していた。男性は容疑を認めているという。

「New スーパーマリオブラザーズ」などのWiiソフト海賊版を販売し、逮捕(ACCS)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top