NTT東西、「災害募金サービス」提供開始……ダイアルQ2に代わる回収代行 | RBB TODAY

NTT東西、「災害募金サービス」提供開始……ダイアルQ2に代わる回収代行

ブロードバンド その他

提供イメージ
  • 提供イメージ
 NTT東日本およびNTT西日本(NTT東西)は1月30日、放送事業者が激甚災害発生時に利用できるサービスとして、新たに「災害募金サービス」を3月1日より提供することを発表した。

 従来の災害募金番組では、「ダイアルQ2」を利用した回収代行が利用されており、それにかかる手数料等も無料となっていた。しかし「ダイアルQ2」は、2月28日にサービス提供が終了することが決定しており、これに代わる仕組みが要望されていた。

 「災害募金サービス」により放送事業者は、今後も災害募金番組を提供し、NTT東西の加入電話やひかり電話等のユーザーから、簡易に寄付を募ることが可能となる。電話番号も、従来の「0990」を蹈襲して利用。音源装置を利用して災害募金番組を提供し、寄付を募る形となっている。番組提供者については、災害募金番組を広く周知できる事業者(放送事業者等)を対象としており、NTT東西が審査する。

 NTT東西が災害募金番組提供者に代わり、募金額の回収を代行する。災害募金の回収代行に関わる手数料および番組開設に関わる工事費については、無料。募金額は、105円/回、210円/回、315円/回から選択できる。なお募金は不課税のため、全額を募金として回収代行し、災害募金番組提供者に支払われる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top