無料アプリの広告に注意、iPhoneユーザを狙う危険なリンク | RBB TODAY

無料アプリの広告に注意、iPhoneユーザを狙う危険なリンク

ブロードバンド セキュリティ

天気予報アプリに表示される広告
  • 天気予報アプリに表示される広告
株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は1月28日、iOSユーザを標的とした悪意のある広告について注意喚起を発表した。これは、偽のサイトへのリンクを含んだアプリケーションの広告が拡散されているというもの。こういったサイトに飛ばされたiOSユーザは、偽の有料サービスに登録され、モバイルアカウントから金銭を引き落とされる可能性がある。このような広告は、iPhoneやiPadなどで特定のフリーアプリケーションの動作中に頻繁に表示され、増加傾向にある。また、同様の広告がGoogle PlayまたはApp Storeから入手可能なAndroidおよびiOS向けの無料の天気予報アプリである「Foreca」内でも多く発見されている。

このプログラムは天気予報の他にバナーを表示させるが、そのひとつがユーザを当選くじサイトへと誘導する悪意のあるリンクとなっている。バナーをタップしてしまうと偽のサイトへ飛ばされ、簡単な質問に答えるよう指示される。次に「くじに当選した」と告げられ、賞品を受け取るためにWebページ上の入力フォーム内に携帯電話番号を入力し、送られてきたSMSに記載されている確認コードを入力するよう促される。しかしほとんどの場合、ユーザは偽の有料サービスに登録されるだけで終わる。

無料アプリの広告に注意、iPhoneユーザを狙う危険なリンクを確認(Dr.WEB)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top