ソフトバンクモバイル、リストバンド型「Fitbit Force」を2月14日に発売……有機EL搭載でiPhoneにも対応 | RBB TODAY

ソフトバンクモバイル、リストバンド型「Fitbit Force」を2月14日に発売……有機EL搭載でiPhoneにも対応

IT・デジタル モバイル

NTTドコモのリストバンド型デバイス「ムーヴバンド」と違ってディスプレイを搭載する「Fitbit Force」
  • NTTドコモのリストバンド型デバイス「ムーヴバンド」と違ってディスプレイを搭載する「Fitbit Force」
 ソフトバンクモバイルは27日、スマートフォンと連携するリストバンド型の健康管理デバイス「Fitbit Force」を2月14日に発売すると発表した。利用には初期費用3,200円と、健康管理サービス「SoftBank HealthCare」(月額500円/初月無料)への加入が必要となる。

 「Fitbit Force」は、歩数、距離、消費カロリー、睡眠時間、高度計が測定できるリストバンド型のスマート健康管理デバイス。スマートフォンへはBluetooth 4.0で測定データを転送する。前モデル「Fitbit Flex」から新たに有機ELディスプレイが搭載され、測定データや時刻を手軽に確認することができるようになったのが特長。

 対応機種はiPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPhone 4s(iOS6.0 以降)、Android端末ではAQUOS PHONE Xx 206SHだが、順次追加していくという。バッテリはリチウムイオンで連続使用時間は7日間、カラーはブラック1色。手首径140~176mmのSサイズと同161~209mmのLサイズとが用意される。

 NTTドコモも同様なリストバンド型の健康管理デバイス「ムーヴバンド」を1月29日に発売するが、こちらはディスプレイは非搭載。またiOSには非対応となっている(今後対応の予定)。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top