日本オラクル、高速DBマシン「Oracle Exadata Database Machine X4」提供開始 | RBB TODAY

日本オラクル、高速DBマシン「Oracle Exadata Database Machine X4」提供開始

エンタープライズ ハードウェア

Oracle Exadata Database Machine X4
  • Oracle Exadata Database Machine X4
 日本オラクルは1月21日、最新世代の高速データベース・マシン「Oracle Exadata Database Machine X4」の国内提供を開始した。

 「Oracle Exadata Database Machine X4」では、ハードウェアおよびソフトウェアを刷新し、50~100%の性能向上、33~100%の容量拡大、データベース展開の効率性およびサービス品質の向上が図られたとのこと。「Oracle Database 12c」の新機能であるマルチテナント・アーキテクチャを利用することで、高いリソース効率と運用工数の削減を可能にした。さらに「Oracle Enterprise Manager 12c」のデータベース・サービスのプロビジョニングをはじめとした管理機能にも対応した。

 特に、Database as a Service(DBaaS)、オンライン・トランザクション処理(OLTP)、データウェアハウジングの機能が強化された。これにより、何百ものデータベースをDBaaSアーキテクチャとして単一のラックに簡単に統合することが可能になったという。また有効フラッシュメモリ容量を4倍に拡大し、OLTP処理が大幅に高速化された。単一ラックの「Oracle Exadata」のデータスループットは100GB/秒となる。

 ハードウェアは、これまでの「Oracle Exadata Database Machine」と完全な互換性・相互運用性が確保されており、既存マシンから最新システムへの拡張が容易となっている。参考価格(ハードウェア最小構成)は2,390万円から。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top