モバイル版Chrome、新たなデータ圧縮・帯域幅管理機能を搭載 | RBB TODAY

モバイル版Chrome、新たなデータ圧縮・帯域幅管理機能を搭載

エンタープライズ モバイルBIZ

[帯域幅管理]画面
  • [帯域幅管理]画面
  • iPhoneおよびiPadでの翻訳機能画面
  • Androidでのアプリケーション ショートカット(ホーム画面に追加)
 グーグルは1月16日、Android/iOS版Chromeに、新たなデータ圧縮と帯域幅管理機能を搭載したことを発表した。データ使用量を最大で50%削減でき、より少ないデータでウェブを閲覧できるという。

 データ圧縮は、[設定]から[帯域幅管理]を選択し、[データ使用量を減らす]オプションをオンにすることで有効になる。この画面では、Chromeのブラウジングで毎月どの程度の帯域幅を軽減できたかを確認することも可能。

 またiPhoneおよびiPad向けChromeが翻訳機能に対応した。Android向けChromeでは、ホーム画面にウェブページのショートカットを追加するメニューなどが追加された。そのほか、安定性とセキュリティに関するアップデートも追加されている。新しいタブページ機能は段階的に提供を拡大し、最終的にすべてのユーザーに提供する予定とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top