JAXA連携の中高一貫校 4月開校 | RBB TODAY

JAXA連携の中高一貫校 4月開校

ブロードバンド テクノロジー

鹿児島県立楠隼中学校・楠隼高等学校
  • 鹿児島県立楠隼中学校・楠隼高等学校
  • 学校全景
  • 寮の建設
  • 生徒募集
  • 開校までのスケジュール
  • 学校説明会(鹿児島県外)
  • 学校説明会(鹿児島県内)
 鹿児島県立楠隼中学校・楠隼高等学校が平成27(2015)年4月に開校する。ロケットセンターがある立地を活かし、JAXAと連携して中高一貫教育を行う。全寮制の男子校で、全国から生徒を募集する。

 平成25年7月の鹿児島県教育委員会で楠隼中高一貫教育校の設置が議決された。現高山高校の既存校舎を改修し、全寮制の寄宿舎を整備した「鹿児島県立楠隼中学校・楠隼高等学校」が平成27年4月に開校する。教育効果を最大限に発揮するため男女別学の学校とし、全国、県内、大隅における男子校、女子校の状況や、生徒募集の見通しなどから、男子校にしたという。

 鹿児島県と宇宙航空研究開発機構(JAXA)との連携による推進モデル校で、中学1年~高校1年生までは、JAXA連携講座「宇宙学」を受ける。また、難関大学を目指し、中高7限授業による学習指導や、1学級30人の少人数指導を展開。寮での学習指導も徹底する。

 平成27年4月に楠隼中学校と高校でそれぞれ1期生を全国から募集。中学校は男子60人、高校は平成29年度まで男子60人、平成30年度から男子30人を募集する。平成28年度までは寮棟の建設や校舎の改修が順次行われる。

 学校説明会は、鹿児島県内で1月18日と19日に開催するほか、2月1日に東京、2月8日に大阪で開催する予定。

JAXA連携の中高一貫校が2015年4月に鹿児島で開校

《工藤 めぐみ》

関連ニュース

特集

page top