午年生まれは十二支最少の958万人、新成人は過去最低の121万人 | RBB TODAY

午年生まれは十二支最少の958万人、新成人は過去最低の121万人

エンタメ 調査

十二支別人口
  • 十二支別人口
  • 男女・出生年別午年生まれの人口
  • 男女・出生年別午年生まれの人口
  • 新成人人口の推移(各年1月1日現在)
  • 新成人人口及び総人口に占める割合の推移(各年1月1日現在)
 午(うま)年生まれの人は、十二支の中でもっとも少ない958万人であることが、総務省統計局が12月31日に発表した人口推計からわかった。新成人の人口は121万人で、人口、割合ともに過去最低となった。

 平成26年1月1日時点の午年生まれの男性は465万人、女性は493万人。総人口1億2,722万人に占める割合は7.5%で、十二支別では最少人口となっている。もっとも多いのは、丑(うし)年生まれの1,133万人、次いで子(ね)年の1,115万人、巳(み)年の1,114万人。午年生まれが少ないのは、昭和41年が「丙午(ひのえうま)」にあたり出生児数が少なかった影響が考えられるという。

 午年生まれの人口を出生年別にみると、昭和53年生まれ(平成26年に36歳になる人)が167万人と最多で、昭和17年生まれ(72歳)の162万人、昭和29年生まれ(60歳)の160万人、昭和41年生まれ(48歳)の133万人、平成2年生まれ(24歳)の123万人、平成14年生まれ(12歳)の114万人と続いている。

 平成25年に20歳となった新成人は、前年度比1万人減の121万人。男女別では、男性62万人に対し、女性は59万人。新成人人口は、平成7年から減少傾向が続いており、過去最低を更新した。総人口に占める新成人の割合も0.95%と過去最低となった。

午年生まれは十二支最少の958万人、新成人は過去最低の121万人…総務省

《奥山 直美》

関連ニュース

特集

page top