初夢の実現なるか?… 全天球ボール型カメラの製品化に向け資金募集 | RBB TODAY

初夢の実現なるか?… 全天球ボール型カメラの製品化に向け資金募集

エンタメ その他

全天球ボール型カメラ「Panono」
  • 全天球ボール型カメラ「Panono」
  • 「Panono」で撮影されたパノラマ写真
 360度×360度の全方位イメージを高画質(1億0800万画素)でパノラマ撮影できる全天球ボール型カメラ「Panono」の製造・販売において、現在、クラウドファンディングによる資金募集が行われている。

 ドイツ・ベルリンの会社Panono GmbHによって開発が進められているこのカメラは、直径11cmというグレープフルーツ大の硬質透明プラスチックの球に36個のカメラが内蔵されたもの。撮影方法は、この球を上空に放り投げるだけ。加速度計が内蔵されているため、本体が空中に投げられた際の速度から、最高点に達する時間を自動計算し、最高点に達した最も静止状態に近い時に36個の内蔵カメラが作動して、高所からの全方位イメージのパノラマ撮影をすることができるという仕組みだ。撮影された画像は、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末用の無料アプリ「Panono」にワイヤレス送信して閲覧することができる。

 この製品は2014年10月~12月の販売が検討されており、現在、その製造・販売における資金をクラウドファンディングサイト「Indiegogo.com」で募っている。最終的には90万ドル(約9000万円)の資金調達を目指しており、31日午前11時(日本時間)現在で、77万4532ドルが集まっている。なお、出資者には、商品の先行販売や割引購入など出資金額に応じた特典が用意されている。

 募集締め切りは米国時間2014年1月4日まで。残り4日で、達成まであと約2万3000ドル……。なかなか厳しい状況のようだが、夢の実現には、お年玉が頼みの綱、といったところか。
《花》

関連ニュース

特集

page top