ドコモ、「歩きスマホ防止機能」を提供開始……警告画面を表示して操作を制限 | RBB TODAY

ドコモ、「歩きスマホ防止機能」を提供開始……警告画面を表示して操作を制限

 NTTドコモは12月3日、歩きスマホ(スマートフォンの画面を見つめながらの歩行)による事故防止とマナー向上の取り組みとして、スマホアプリ「あんしんモード」に「歩きスマホ防止機能」を追加することを発表した。12月5日より提供を開始する。

ブロードバンド その他
画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 提供イメージ
  • 歩きスマホ防止の啓発広告
 NTTドコモは12月3日、歩きスマホ(スマートフォンの画面を見つめながらの歩行)による事故防止とマナー向上の取り組みとして、スマホアプリ「あんしんモード」に「歩きスマホ防止機能」を追加することを発表した。12月5日より提供を開始する。

 「あんしんモード」は、子どもが安心してスマートフォンを利用できるように、状況に応じて保護者がスマートフォンの各機能を制限できるアプリ。「歩きスマホ防止機能」は、スマートフォンを見ながら歩くと、歩行中であることを検知し警告画面を表示する機能となる。歩行検知の感度は3段階(高・標準・低)で設定が可能。

 警告画面が表示されている間は、スマートフォンを操作できない。歩行を停止するか、警告画面の「閉じる」ボタンをタップした時(10秒間のみ)、電源ボタンを長押しした時(5秒間のみ)、操作が可能となる。

 月額使用料は無料。「あんしんモード」アプリの最新版(Ver.3.1.0をインストールし、「歩きスマホ防止機能」を設定することで利用可能となる。今後は反響等を踏まえ、検知精度レベルや制限レベル等の適正化を図っていく。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top