ドコモとパイオニア、スマホに話しかけて運転支援「ドコモ ドライブネットインフォ」開始 | RBB TODAY

ドコモとパイオニア、スマホに話しかけて運転支援「ドコモ ドライブネットインフォ」開始

エンタープライズ モバイルBIZ

渋滞情報の通知のイメージ
  • 渋滞情報の通知のイメージ
  • 対話による電話発信のイメージ
  • ドコモ ドライブネットのサービス体系
  • 「スマートフォンホルダ01」
 NTTドコモとパイオニアは11月14日、スマートフォンに話しかけるだけで、運転中に便利な情報を教えてくれるカーライフ支援サービス「ドコモ ドライブネットインフォ」を共同開発したことを発表した。12月中旬より、ドコモがサービス提供を開始する。

 「ドコモ ドライブネットインフォ」は、パイオニアが新たに開発した次世代自動車向けクラウド基盤「モバイルテレマティクスセンター」を活用したサービス。ドコモの「しゃべってコンシェル」の音声意図解釈技術と音声合成技術を応用しており、スマートフォンに話しかけるだけで各種操作が可能となる。

 リアルタイムに発生している渋滞情報や周辺情報の提供に加え、電話の発信や音楽の再生、SMSの送受信、最新ニュースの確認などが利用できる。アプリケーションは無料で提供。対応機種は、2013~2014冬春モデル スマートフォン(一部機種)となる。

 また、車内におけるスマートフォンの安全な利用を想定した「スマートフォンホルダ01」を新たに開発。付属するハンドル取付リモコンで、簡単に対応アプリの音声操作が可能となる。

 なお、これまで「ドコモ ドライブネット」として提供してきたカーナビゲーションサービスの名称は「ドコモ ドライブネットナビ」へ変更され、今後は、「ドコモ ドライブネットナビ」と「ドコモ ドライブネットインフォ」の2つのサービスが提供される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top