富士通、Webアプリフレームワーク「INTARFRM RIA Java Ajax V4」販売開始 | RBB TODAY

富士通、Webアプリフレームワーク「INTARFRM RIA Java Ajax V4」販売開始

 富士通は11月14日、 UXの高いWebアプリケーションを実現するフロントエンドのアプリケーションフレームワーク「FUJITSU Software INTARFRM Enterprise Edition RIA Java Ajax V4」を発表した。11月22日より販売を開始する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
使用頻度の高い画面部品を標準で提供
  • 使用頻度の高い画面部品を標準で提供
  • アプリケーション構造の標準化
  • 販売価格、および出荷時期
  • INTARFRM 製品体系
 富士通は11月14日、 UXの高いWebアプリケーションを実現するフロントエンドのアプリケーションフレームワーク「FUJITSU Software INTARFRM Enterprise Edition RIA Java Ajax V4」を発表した。11月22日より販売を開始する。

 アプリケーションフレームワーク「INTARFRM」のEnterprise Editionは、フロントエンド(画面処理)とバックエンド(業務処理)の分離により、変化の激しいフロントエンド技術への追従やバックエンド資産の長寿命化を重視した製品群となる。「INTARFRM Enterprise Edition RIA Java Ajax V4」もその1つで、HTML5やjQueryに対応し、操作性が良く表現力の高いWebアプリケーションの開発・実行を実現するための機能を提供するものとなる。画面遷移、画面レイアウト、画面項目属性などの仕様変更の可能性が高い情報を定義ファイルで管理する仕組みも提供する。

 開発支援機能である「INTARFRM Development Facility Enterprise Edition RIA Java Ajax V4」と、実行機能である「INTARFRM Runtime Enterprise Edition RIA Java Ajax V4」で構成され、使用頻度の高い画面部品を標準で提供する。IME自動切替、入力制限、自動フォーマット、ファンクションキー割り当てなどの入力補助機能も提供される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top