日本マイクロソフト、Windows Server 2012 R2を提供開始……クラウドプラットフォームに一貫性 | RBB TODAY

日本マイクロソフト、Windows Server 2012 R2を提供開始……クラウドプラットフォームに一貫性

エンタープライズ マイクロソフト

Windows Server 2012 R2 Standardパッケージ
  • Windows Server 2012 R2 Standardパッケージ
  • Windows Server 2012 R2 Essentialsパッケージ
  • Windows Server 2012 R2、System Center 2012 R2、Intuneの価格
 日本マイクロソフトは11月1日、サーバ オペレーティング システム「Microsoft Windows Server 2012 R2」、システム管理製品「Microsoft System Center 2012 R2」のボリュームライセンスの販売およびパッケージ製品の販売を開始した(Windows Server 2012 R2のみパッケージ版を販売)。

 Windows Server 2012 R2とSystem Center 2012 R2は、クラウドと連携した企業システム、サービスやアプリケーションの基盤を構築するための製品だ。Windows Server 2012 R2においては、Active Directoryによるクラウドとの統合ID管理、Hyper-Vによる大規模な仮想化に加え、高性能ストレージやSDN(Software Defined Networking)管理対応などの機能が強化された。これにより、クラウドプラットフォームにより一貫性を持たせることが可能となる見込みだ。

 あわせて、クラウドから各種デバイスの管理を行うWindows Intuneについて、Windows 8.1対応の新バージョンも、あわせて提供開始する。Windows 8.1、Windows RT 8.1、iOS、Androidなどのデバイスを管理できるとともに、System Center 2012 Configuration Managerとの組み合わせにより、社内のデバイス管理と連携した一元管理が可能となる。

 さらに、Windows Server 2012 R2においてマイクロソフトはRemote Desktopアプリケーションを提供開始。Windows、Windows RT、iOS、OS X、Androidなどの多様なデバイスから、Windows Server 2012 Remote desktop serviceなどの仮想デスクトップへの容易なアクセスが可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top