爆笑問題・太田、“みのもんた叩き”に苦言……「みのは視聴者楽しませてきた」 | RBB TODAY

爆笑問題・太田、“みのもんた叩き”に苦言……「みのは視聴者楽しませてきた」

エンタメ その他
 お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が27日に放送されたTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」で、タレント・みのもんたをめぐる苛烈なバッシングに疑問を投げかけた。

 みのは、日本テレビ社員の次男・御法川(みのりかわ)雄斗容疑者が窃盗未遂で逮捕された責任をとり、司会を務める「みのもんたの朝ズバッ!」と「みのもんたのサタデーずばッと」(ともにTBS系)を9月より出演自粛していた。そして25日、みのが司会を降板することを両番組公式サイトが発表。翌26日、みのは都内で謝罪会見を開いた。

 太田いわく、みのは“喋り手のプロ”。謝罪会見でも話芸は光っていたと話し、「みのさんの喋りってやっぱり引きこまれますよ」と正直な感想を明かした。世間のみのへのバッシングについて、相方の田中裕二や他ゲストらと、みのが目立つ人間だから人々は安易な批判に走ってしまうと指摘。「集中して上げて落とすみたいな。ちょっと前まで、みのさんは大人気だったのに」と違和感を示し、「問題を起こしたことでみのさんが(視聴者を)楽しませてきたことやなにかを全部なかったことにするような、そういう攻撃の仕方はないな」と苦言を呈した。

 みのは会見のなかで、次男逮捕を親として謝罪しつつも、「人品骨柄、収入、住む家、そこまで叩かれるとは思いませんでした」「みのもんたの息子が起こした事件だから騒ぎになった」と自身や息子の事件をめぐるバッシングについて語っている。
《花》

関連ニュース

特集

page top