NEC、「デジタルサイネージ for タブレット」を金融機関向けに発売 | RBB TODAY

NEC、「デジタルサイネージ for タブレット」を金融機関向けに発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

さわやか信用金庫での利用の様子
  • さわやか信用金庫での利用の様子
 日本電気(NEC)は10月11日、金融機関向けに、Android搭載のタブレット端末に金利や商品概要説明書などの情報をリアルタイムに配信するソリューション「デジタルサイネージforタブレット」の販売を開始した。

 金融機関においては、金利・商品ポスター・商品概要説明書等の情報を、顧客に提供することが法的に義務付けられている。「デジタルサイネージ for タブレット」は、これらの情報を、本部のサーバから各店舗のタブレット端末に一斉配信するシステムとなる。動画を活用した商品紹介などもタブレット端末上に表示できるほか、簡単なローンシミュレーションも可能。

 金利情報や商品ポスターなどのコンテンツを本部で一元管理し、各店舗のタブレット端末に配信するため、専用のコントローラは不要。これによりシステム導入コストを約30%低減できる見込みだ。また、コンテンツ作成用のソフトウェアは合わせて提供される。タブレット端末は、職員の研修や支店間会議など、業務後には別用途として活用可能。

 価格は、タブレット端末60台のシステム規模で1500万円から。なお、さわやか信用金庫では、先行的に11月末から本格導入を開始する予定だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top