【インタビュー】ディズニーMovieNEXは映画を好きになってもらう「活動」 | RBB TODAY

【インタビュー】ディズニーMovieNEXは映画を好きになってもらう「活動」

エンタメ 映画・ドラマ
モンスターズ・ユニバーシティMovieNEX
  • モンスターズ・ユニバーシティMovieNEX
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン(東京・目黒)の塚越隆行ゼネラルマネージャー
  • ディズニーMovieNEX
  • ディズニーMovieNEXサイト ※こちらはイメージ写真になります、実際の画面とは異なる場合がございます。ご了承ください。
  • トイ・ストーリー MovieNEX
  • パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 MovieNEX
  • ミッキーのクリスマス・キャロルMovieNEX
  • ミッキーのクリスマス・キャロルMovieNEXワールド
 映画をもっと好きになってもらうために「MovieNEXワールド」を発信する……。ウォルト・ディズニー・ジャパン(東京・目黒)から新しい映像コンテンツのパッケージ、『MovieNEX』が誕生した。パッケージ化のねらいや注目すべき特徴は何か。

 『MovieNEX』は、『モンスターズ・ユニバーシティ』や『トイ・ストーリー』シリーズ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズといった作品が、DVD、ブルーレイディスクに加えて、クラウドからのストリーミングやダウンロードで観覧でき、さらに制作秘話やイベント、といった特別コンテンツが楽しめる「MovieNEXワールド」がセットにされた新パッケージで、11月20日(水)より順次発売される。

 この新たなパッケージへの想いや、4000円という価格設定についてなどを、ウォルト・ディズニー・ジャパンの塚越隆行ゼネラルマネージャーに聞いた。


--- DVD派・ブルーレイ派という人たちを新価格(4000円)で囲い込むという気持ちもあったんでしょうか?

塚越ゼネラルマネージャー --- 私たちが今回やりたかったこととして、わかりやすく作品を届けるということにこだわりました。だから、『DVDだけでいい、ブルーレイだけでいい』といった人たちには申し訳ないという気持ちもあります。でも、作品をもっと好きになってもらうための情報をお届けできるチャンスと思い、すばらしい作品をお客様に届けるときにどういうスタイルが一番いいか、を最優先に考えて今回の新商品へと結実したというわけです。

--- 『MovieNEX』の登場で、作品のなかのキャラクターと観る人たちの出会える機会が増えたと、発表会の壇上でアピールしていました。

塚越ゼネラルマネージャー --- インターネットの普及とその周辺の技術の進化が、我々の思い描く新商品の実現を後押ししました。私たちは、お客様と作品、お客様とキャラクター、お客様とつくり手などの「接点となる場」を広げたかったのです。この新商品が具現化するまで2年半以上かかりましたが、やっとその想いをかたちにできるステージに立ったわけで、いよいよ次のステップへとすすめるなと実感しています。

《大野雅人》

関連ニュース

特集

page top