公衆無線LAN「au Wi-Fi SPOT」、次世代規格「802.11ac」を導入…3倍近い速度 | RBB TODAY

公衆無線LAN「au Wi-Fi SPOT」、次世代規格「802.11ac」を導入…3倍近い速度

ブロードバンド 回線・サービス

IEEE802.11acの導入イメージ
  • IEEE802.11acの導入イメージ
  • 「11ac」利用可能スポット(10月2日現在)
 KDDIと沖縄セルラーは10月2日、公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」に、次世代無線LAN規格「IEEE802.11ac」(Draft)の導入を開始した。

 「11ac」に対応したauスマートフォンやモバイル機器を使えば、最大通信速度433Mbpsの高速データ通信が可能となる。au対応機種は、2013年夏モデルでは、AQUOS PHONE SERIE SHL22、HTCJ One HTL22、2013年冬モデルではisai LGL22、Xperia Z1 SOL23、GALAXY Note3 SCL22、AQUOS PHONE SERIE SHL23、ARROWS Z FJL22、DIGNO M KYL22、ARROWS Tab FJT21となる。利用の際は自動的に「11ac」を優先して通信が行われる。

 カフェチェーン「ドトールコーヒーショップ」(3店舗)および「エクセルシオールカフェ」(2店舗)から導入を開始する。以降、駅、空港、カフェなどのニーズの高いさまざまなスポットへ拡大する方針だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top