情報拡散、4人に1人が「まとめサイト」をソースに……電通PR「情報流通構造調査」 | RBB TODAY

情報拡散、4人に1人が「まとめサイト」をソースに……電通PR「情報流通構造調査」

 電通パブリックリレーションズ(電通PR)は6日、インターネット上の情報拡散について調査した結果を発表した。調査時期は2013年3月で、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県に住む、15歳~69歳の男女600人から回答を得た。

ブロードバンド ウェブ
インターネット上でシェアしたことのある話題が掲載されていたサイト
  • インターネット上でシェアしたことのある話題が掲載されていたサイト
  • どのようなリンクが貼ってあったらシェアするか
  • インターネットで拡散することのある情報の内容
  • インターネットで知ったニュース・情報をオフラインの口コミで他の人に伝えることがあるか
  • 他の人のオフラインの口コミを通して、インターネットのニュース・情報を伝えられることがあるか
 電通パブリックリレーションズ(電通PR)は6日、インターネット上の情報拡散について調査した結果を発表した。調査時期は2013年3月で、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県に住む、15歳~69歳の男女600人から回答を得た。

 電通PRでは2009年から毎年「情報流通構造」に関する調査を行っており、過去には、モバイル分野、流通しているコンテンツ、ソーシャルメディアに着目した調査が行われている。今回の調査では特に「まとめサイト」の情報がどの程度信頼され、拡散されているのかが調査された。「まとめサイト」の代表的なものとしては、「NAVERまとめ」「2ちゃんねるまとめ(ブログ)」「まとめwiki」などがあげられる。

 まず「どのようなネット情報を拡散(SNSなどのシェア機能を利用して拡散)するか」と質問したところ、「友人のつぶやき、ブログ、SNSでの投稿」を選択したのは全体の60.8%、新聞社などのメディアが運営する「ニュースサイト」の情報は57.8%、Yahoo!やlivedoorなどの「ポータルサイト」の情報は53.7%、そして「まとめサイト」の情報を選択したのは27.8%で、4人に1人がソースとしていた。

 具体的に「拡散時に信用する情報ソース」としては「新聞社サイト」が38.0%、「Yahoo!」が34.8%、「ブログ」が30.3%、「2ちゃんねるまとめサイト」が22.2%、「NAVERまとめ」が20.0%となった。どのような情報を拡散するかという問いに対しては、「事件・事故」(55.2%)、「日常生活の話題」(51.0%)、「笑えるネタ」(50.2%)が上位を占めた。

 「ネットで知ったニュース・情報を、オフラインのクチコミで他の人に伝えたことがある」という人は93.2%。「オフラインで、他の人からネットのニュース・情報を知らされたことがある」という人は91.9%で、双方向の拡散が広く行われていた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top