松本人志監督「R100」、トロント国際映画祭に続き釜山国際映画祭での正式上映が決定! | RBB TODAY

松本人志監督「R100」、トロント国際映画祭に続き釜山国際映画祭での正式上映が決定!

エンタメ 映画・ドラマ

松本人志監督最新作「R100」のワンシーン
  • 松本人志監督最新作「R100」のワンシーン
  • 「R100」ポスター
 松本人志監督の最新作「R100」(10月5日公開)が、10月3日より開催される第18釜山国際映画祭にて正式上映されることが決定した。

 同作は、先日決定した第38回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門での正式上映に続き、韓国・釜山市で行われるアジア最大級の同映画祭からも熱烈なオファーを受け、正式上映が決定。様々な観点とスタイルを持つ才能豊かなアジアの映画監督たちの最新作や2013年の代表作を紹介する「アジア映画の窓」部門での出品となる。松本監督作品が同映画祭に出品されるのは「大日本人」「しんぼる」「さや侍」に続く4作品連続の快挙となった。

 また、9月12日(現地時間)に開催されるトロント国際映画祭での北米プレミア上映にあわせ、同日に行われるレッドカーペットおよび舞台挨拶に、松本監督、主演の大森南朋、共演の渡部篤郎の3人の参加が決定。大森は「トロントの方々が、『R100』をご覧になってどのような反応をされるのか楽しみにしております」とコメント。渡部は「松本監督の作品は海外でも高い評価を受けているので、たくさんの方に松本作品を楽しんでもらいたいです。松本監督と大森さんと3人で参加出来ることを嬉しく感じております」とのコメントを寄せている。
《花》

関連ニュース

特集

page top