LIXILグループ、家電小売「エディオン」の筆頭株主に……リフォーム事業での協力関係を強化 | RBB TODAY

LIXILグループ、家電小売「エディオン」の筆頭株主に……リフォーム事業での協力関係を強化

エンタープライズ 企業

LIXILグループ、家電小売「エディオン」の筆頭株主に
  • LIXILグループ、家電小売「エディオン」の筆頭株主に
  • 募集後の大株主及び持株比率
 LIXILグループは26日、エディオンと資本業務提携契約を締結したことを発表した。エディオンによる約49.9億円の第三者割当増資を引き受け、同社が発行する株式の8.00%を保有し、筆頭株主となる。

 エディオンは家電小売を主としているが、次の成長分野をリフォーム事業と定め、2008年にリフォーム事業に参入。2009年には太陽光発電システムの販売及び取り付け工事の取り扱いを始めるなど、「エコ・リビングソーラー事業」を積極的に展開している。2013年3月期のこの事業の売上高344億円を、2016年3月期には1,022億円へ、うちリフォーム事業の売上高は125億円から582億円まで伸ばす計画だった。

 今回両社の事業強化の方向性が合致し、協力関係の強化を図ることが資本業務提携の目的とのこと。業務提携においては、エディオンが新たなパックリフォーム(小規模リフォーム)や「ぷちDEリフォ(器具・設備の入れ替え)」の提案及び商品開発を行う。また、エディオンが今後展開する新たな大規模リフォームコーナーにLIXIL商品の展開を図るなど、リフォーム市場での支持獲得を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top