国立科学博物館「大恐竜展-ゴビ砂漠の驚異」……10月開催 | RBB TODAY

国立科学博物館「大恐竜展-ゴビ砂漠の驚異」……10月開催

エンタメ その他

大恐竜展-ゴビ砂漠の驚異
  • 大恐竜展-ゴビ砂漠の驚異
  • タルボサウルス 全身骨格
  • サウロロフス 全身骨格
  • 発掘時のタルボサウルス(子ども)の骨格
 国立科学博物館は、2013年10月26日から2014年2月23日まで、特別展「大恐竜展-ゴビ砂漠の驚異」を開催する。

 本展では、恐竜の系統進化、生態などの解明に寄与したモンゴル・ゴビ砂漠で発掘された貴重な化石標本を公開する。

 モンゴル・ゴビ砂漠は、1922年から1930年にかけて、アメリカのアンドリュース調査隊が、数々の発掘をしたことで、世界有数の恐竜化石産地として世界に知られることとなったが、保存状態のよい良質なものが多いことも特徴である。

 本展では、約7,000万年前に生きた、アジア最大の肉食恐竜「タルボサウルス」、大型植物食恐竜「サウロロフス」の実物全身骨格を展示。大きさはともに約10メートルで、実物ならではの迫力を感じられるという。

 また、全長2メートル、推定年齢2~3歳のタルボサウルス(子ども)の化石を展示。ティラノサウルス類の子ども化石としては、世界でもっとも保存状態が良いという。そこから読み解く肉食恐竜の成長について、日本人研究者が明らかにした最新研究を紹介する。

 そのほか、植物食恐竜プロトケラトプスの赤ちゃん15頭の集団化石や、鳥類の起源に近い恐竜ヴェロキラプトルなど、本展では多くを良質な実物化石で構成、実物化石率は約90%だという。

 モンゴルの実物恐竜化石が一堂に会した「大恐竜展」、前売りチケットは8月10日、主要プレイガイドで販売が開始される。

◆大恐竜展-ゴビ砂漠の驚異
日程:2013年10月26日(土)~2014年2月23日(日)
会場:国立科学博物館(東京・上野公園)
開館時間:9:00~17:00 ※金曜日は20:00まで
休館日:毎週月曜日(祝休日の場合は開館し、翌火曜日が休館)、12月28日(土)~1月1日(水・祝)、12月24日(火)と1月6日(月)は開館
入場料:一般・大学生1,500円(1,300円)、小中高校生600円(500円)
※()内は前売および各20名以上の団体料金
プレミアム前売券(ピンバッジ2個付き)2,000円(限定1,000枚)※ローソンチケットのみ
金曜限定ペア得ナイト券2,000円(17:00~20:00・会場での当日販売のみ)
チケット発売所:ローソンチケット、チケットぴあ、ほか主要プレイガイド

国立科学博物館「大恐竜展-ゴビ砂漠の驚異」、10/26より

《水野 こずえ》

関連ニュース

特集

page top