超高感度4Kカメラが宇宙へ……世紀の巨大彗星“アイソン”の撮影目指す | RBB TODAY

超高感度4Kカメラが宇宙へ……世紀の巨大彗星“アイソン”の撮影目指す

ブロードバンド その他

ハッブル宇宙望遠鏡が4月に撮影したアイソン彗星
  • ハッブル宇宙望遠鏡が4月に撮影したアイソン彗星
  • 超高感度4Kカメラを操作するJAXA若田光一宇宙飛行士
 12月に地球に接近する“アイソン彗星”の撮影を目指し、NHKと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で準備を進めてきた宇宙用の超高感度AKカメラシステムが、間もなく国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられる。8月4日午前4時48分に、種子島宇宙センターからH-IIBロケットで打ち上げられる補給機「こうのとり」4号機(HTV4)に搭載される予定。なお、国際宇宙ステーションに4Kカメラを持ち込み、撮影するのは世界初の試みだ。

 アイソン彗星は、昨年9月に発見された新たな彗星。初めて太陽の間近まで近づくため、大量のチリとガスを吹き出し巨大な“尾”をたなびかせる、世紀の大彗星になると期待されている。

 彗星が接近する今年12月には、JAXAの若田光一宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに滞在しており、同飛行士が4Kカメラを使って撮影し、地上からは決して見ることができない最高の映像を地球に届ける。撮影した彗星の映像は、12月に「NHKスペシャル」などの番組で放送される予定だ。
《花》

関連ニュース

特集

page top