“大人のひとり時間”に“イエナカ・リゾート”のススメ | RBB TODAY

“大人のひとり時間”に“イエナカ・リゾート”のススメ

 森永乳業は、夏の“大人のひとり時間”にフォーカスし、その実態や理想の夏の“大人のひとり時間”について調査を行った。調査期間は6月21日~6月24日、調査対象は20~50代で家族と同居している男女500名。

エンタメ 調査
夏に楽しみたいこと
  • 夏に楽しみたいこと
  • 夏に大変だと思うこと
  • 大人のひとり時間を過ごしたいか
  • 大人のひとり時間にしてみたいこと
  • イエナカ・リゾートについて
  • イエナカ・リゾートで食べたいものは
  • 「フルーツPARM(パルム)」にリゾート感はあるか
  • イエナカ・リゾートを楽しむ際に、「フルーツPARM(パルム)」を食べたいか
 森永乳業は、夏の“大人のひとり時間”にフォーカスし、その実態や理想の夏の“大人のひとり時間”について調査を行った。調査期間は6月21日~6月24日、調査対象は20~50代で家族と同居している男女500名。

■夏は自宅でのんびり過ごしたい?

 はじめに、「夏に楽しみたいこと」を複数回答で聞いたところ、1位は「自宅でのんびり過ごす」こと(60%)。以下、「旅行」(53%)、「ショッピング」(42%)と続いた。「花火大会・花火」(40%)など夏のアクティビティも挙がっているものの、夏はゆっくり休みたいという願望を持つ大人の方が多い。次に、「夏に大変だと思うこと」を聞いたところ、最多の「夜が暑くて寝苦しい」(65%)を除くと、2~5位には「暑さや人混みなどで、外出すると疲れる」(58%)、「汗を沢山かく」(56%)、「虫が多い」(53%)など、夏の外出時の悩みが並んだ。詳しく聞くと、「どこへ行くにも車が渋滞して疲れる。(東京都・38歳男性)」、「汗の臭いで周りの目が気になる。(埼玉県・56歳男性)」といった悩みが挙がった。楽しいイベントやアクティビティも多い夏だが、外出時の悩みは大きいようだ。

■日常のちょっとした贅沢を満喫する “大人のひとり時間”

 森永乳業では、こうした夏の外出時の悩みを受けて“大人のひとり時間”に注目。“大人のひとり時間”とは、「日常のちょっとした贅沢を満喫するひとり時間」を指す。

 まず、“大人のひとり時間”の実施における現状と理想について調べると、「“大人のひとり時間”を過ごせている」という人は65%。「“大人のひとり時間”を過ごせるようにしたい」という人は87%。これらの結果を、回答者の属性ごとに比較すると、「“大人のひとり時間”を過ごせている」という人の割合が最も少なかったのは「0~3歳の子供を持つ親」で40%。「小学生の子供を持つ親」も59%と、全体の平均よりも少ない結果になった。やはり、子供がいる家庭では、子供と過ごす時間が優先されている模様だ。

 しかし、「“大人のひとり時間”を過ごせるようにしたい」という人の割合は、「0~3歳の子供を持つ親」で96%、「小学生の子供を持つ親」で86%と高い結果に。およそ9割の人が“大人のひとり時間”が欲しいと感じつつも、その多くは望みが叶えられていない、という実態が見受けられる。

 「“大人のひとり時間”にしていること」を聞いたところ、1位「パソコンをする」(72%)、2位「テレビを見る」(56%)、3位「DVDを見る」(47%)という結果になった。一方、「“大人のひとり時間”にしてみたいと思うこと」を聞くと、1位「ちょっと贅沢なスイーツを楽しむ」(33%)、2位「ちょっと贅沢なお酒を楽しむ」(29%)、3位「音楽を聴く」(28%)という結果に。“大人のひとり時間”の理想と現実には、大きな隔たりがあるとうかがえる。

 また、「“大人のひとり時間”にしてみたいと思うこと」をさらに具体的に聞くと、「生演奏を聴きながら、お酒を飲む。(兵庫県・49歳男性)」、「ちょっと贅沢なスイーツを楽しみながら、のんびり過ごす。(山梨県・32歳女性)」といった意見があげられた。ちょっと贅沢なスイーツやお酒を楽しみつつ、優雅なひと時を過ごすというのが、理想の“大人のひとり時間”だと言えるのかもしれない。

 理想と現実のギャップを抱えている“大人のひとり時間”。現実の“大人のひとり時間”では、パソコンやテレビなど、日常的な時間の過ごし方をしている人が多く見られた一方、ちょっと贅沢なスイーツやお酒、音楽といった要素が求められている“大人のひとり時間”の理想像からは、オシャレさや非日常性を求める大人たちの心理がうかがえる。

■“大人のひとり時間”に“イエナカ・リゾート”を

 森永乳業は、理想の夏の“大人のひとり時間”を実現するために“イエナカ・リゾート”を薦めている。“イエナカ・リゾート”とは、家の中でちょっと贅沢なリゾート気分を味わうこと。今回の調査でも、「“大人のひとり時間”に“イエナカ・リゾート”を楽しみたいと思いますか?」と聞くと、「そう思う」という人は63%にのぼり、「“イエナカ・リゾート”を楽しむとしたら、どんなことをしたいですか?」という質問に対しては、「食事や飲み物で、リゾートっぽい気分を楽しむ」(43%)が最多に。“大人のひとり時間”と同様、ちょっとした贅沢な気分を演出するのに、食べ物や飲み物が果たす役割は大きいと言えるだろう。

 「“イエナカ・リゾート”を楽しむ時に、食べたいと思うもの」について聞くと、1位となったのは、41%の人があげた「アイス」、2位は「トロピカルジュース」(27%)、3位「トロピカルフルーツ」(26%)と続いた。

 “イエナカ・リゾート”で楽しみたいと思うものとして、最も多くの人があげた「アイス」。“大人のひとり時間”、“イエナカ・リゾート”のいずれにおいても、ちょっと贅沢なスイーツへの支持があった。森永乳業は、同社のアイスブランド「PARM(パルム)」から、果肉入り果汁でフルーツシャーベットとアイスをコーティングしたアイスバー「フルーツ PARM(パルム)」を発売している。「フルーツPARM(パルム)」は、「PARM(パルム)」のコンセプトである『デイリープレミアム』(日常のちょっとした贅沢)に加え、“リゾート”の要素を取り入れたアイスバー。

 今回の調査では、「フルーツ PARM(パルム)」の商品パッケージを見せた上で次のような質問も行った。まず、「『フルーツ PARM(パルム)』は“リゾート感”があると思いましたか?」とたずねたところ、74%が「そう思う」と回答。「どのようなシーンで『フルーツ PARM(パルム)』を楽しみたいですか?」と聞いたところ、「夏にこういったトロピカルなものが欲しくなる。(愛知県・42歳男性)」、「夜にトロピカルなお酒を飲みながら、食べたい。(愛知県・32歳男性)」、「好きな音楽を流して、テラスのパラソルの下にあるイスに座って、食べてみたい。(東京都・39歳女性)」、といった意見があげられた。さらに、「“イエナカ・リゾート”を楽しむ時に、『フルーツPARM(パルム)』を食べたいと思いますか?」と聞くと、66%の方が「そう思う」と回答した。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top