今年の梅雨、後半は大雨に……梅雨明けは全国的に平年並み | RBB TODAY

今年の梅雨、後半は大雨に……梅雨明けは全国的に平年並み

エンタメ その他

梅雨の降雨量予想マップ
  • 梅雨の降雨量予想マップ
  • エリアごとの降雨傾向(北日本)
  • エリアごとの降雨傾向(東日本)
  • エリアごとの降雨傾向(西日本)
 今年の梅雨前半は“空梅雨”ともいえる少雨傾向が続いているが、梅雨後半には雨量が多くなり、梅雨の期間全体での雨量は全国的に平年並みとなる見込みだ。ウェザーニューズは18日、今シーズンの梅雨(6月~7月)の降雨傾向第2弾を発表した。

 今年は5月下旬に西~東日本の広範囲で平年より10日ほど早く梅雨入りしたが、その後すぐに太平洋高気圧が弱まったため、梅雨前線が本州の南へ離れ、6月上旬の雨量は平年より少なくなった。しかし、例年雨量の多い7月上旬には各地で雨量のピークを迎える見込み。活発な梅雨前線の影響で西~東日本の広い範囲で大雨となり、土砂災害や浸水などが発生する恐れがある。また、今週(~6月22日)は台風4号が本州に接近する可能性があり、台風と梅雨前線の影響で西~東日本の広範囲で大雨に注意が必要だ。

 また、6月下旬には一時的にオホーツク海高気圧が強まり、東北太平洋側~関東地方は梅雨寒の時期があるとの予想。ヒンヤリとした空気に包まれるので、体調管理と農作物への影響に注意が必要だ。

 なお、梅雨明けは全国的に平年並になる見込みで、夏の訪れは西~東日本で7月中旬、北日本で7月下旬となる予想。

 エリアごとの降雨傾向は以下の通り。

■北日本
今週は次第に梅雨らしくなる見込み。6月下旬~7月初めにかけて、雨量が少なく、太平洋側を中心に気温の低い時期がありそう。7月前半には梅雨末期の大雨となる時期があり、梅雨期間のトータルの雨量は昨年と同じくらいになる見込み。梅雨入り・梅雨明けのタイミングは、東北南部・北部ともに平年より遅い予想で、夏の訪れはほかの地域より遅く、7月下旬になる予想。

■東日本
今後は梅雨前線が本州付近に位置する日が多くなる見込みで、雨の日が増え、次第に梅雨らしくなる予想。今週は台風4号が接近する可能性もあるため、東日本の広範囲で強雨・大雨に注意が必要。6月下旬は気温が低く、雨量の少ない時期があるが、月上旬になると次第に雨がまとまるようになり、梅雨末期の大雨が予想される。梅雨明けは平年並の予想で、夏の訪れは7月下旬となる見込み。

■西日本
今後は梅雨前線が本州付近に位置する日が多くなり、雨の日が増え、次第に梅雨らしくなる見込み。今週は台風4号が接近する可能性もあり、台風と梅雨前線による大雨に注意が必要。6月下旬と梅雨末期に、活発な梅雨前線が停滞して雨量が多くなる予想で、雨量のピークが2回ある見込み。梅雨明けは平年並となる見込みで、夏の訪れは昨年より早く、7月中旬になる予想。
《花》

関連ニュース

特集

page top