フィルムや紙焼き写真をPCレスでデジタルデータ化できる「フィルム&紙焼きスキャナー」 | RBB TODAY

フィルムや紙焼き写真をPCレスでデジタルデータ化できる「フィルム&紙焼きスキャナー」

IT・デジタル 周辺機器

フィルムや紙焼き写真を簡単にデジタルデータ化できる「フィルム&紙焼きスキャナー PS68000」
  • フィルムや紙焼き写真を簡単にデジタルデータ化できる「フィルム&紙焼きスキャナー PS68000」
  • 紙焼き写真をホルダーにセットし、スキャンボタンを押すだけでデータを取りこむ
  • ネガ・ポジ両フィルム用ホルダーが付属
  • 写真/名刺用はサイズが4種類付属する
 サンコーは30日、フィルムや紙焼き写真を簡単にデジタルデータ化できる「フィルム&紙焼きスキャナー PS68000」を発売した。直販価格は14,800円。

 「PS68000」は、PCレスで紙焼き写真、フィルム(ポジ/ネガ対応)をデジタルデータ化する専用スキャナ。フィルムまたは紙焼き写真をホルダーにセットし、スキャンボタンを押すだけでデータを取り込んでくれる。スキャン解像度は補完により最大4000dpi。ホルダーはネガ・ポジ両フィルム用、写真/名刺用が4種類が付属する。データはSDカードに保存可能。

 1枚わずか 0.5秒でスキャンが可能。付属のAVケーブルを使用してテレビと接続し、本体の操作画面をそのままテレビの大画面へ出力することが可能。 大画面の液晶テレビを見ながらスキャン作業を行ったり、 スキャンしたプレビュー画面を参照することができる。2.4インチのTFT液晶ディスプレイも搭載する。

 本体サイズは幅218mm×奥行238mm×高さ144mm、重量は1,260g。USBポートより給電し、USBケーブル、USB-ACアダプタが付属する。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top