ブラッドリー・クーパー、ボストンの連続爆破事件の被害者を見舞っていた | RBB TODAY

ブラッドリー・クーパー、ボストンの連続爆破事件の被害者を見舞っていた

エンタメ その他

ブラッドリー・クーパー -(C) Getty Images
  • ブラッドリー・クーパー -(C) Getty Images
  • デイヴィッド・O・ラッセル監督&ブラッドリー・クーパー -(C) Getty Images
  • ベン・アフレック&ブラッドリー・クーパー -(C) Getty Images
  • 『世界にひとつのプレイブック』で共演したジェニファー・ローレンス&ブラッドリー・クーパー -(C) Getty Images
  • ブラッドリー・クーパー -(C) Getty Images
  • ブラッドリー・クーパー -(C) Getty Images
  • 『世界にひとつのプレイブック』で共演したジェニファー・ローレンス&ブラッドリー・クーパー -(C) Getty Images
  • ブラッドリー・クーパー -(C) Getty Images
現在ボストンで新作映画を撮影中のブラッドリー・クーパーが、15日(現地時間)のボストン・マラソン開催中に起きた連続爆破事件の被害者たちを見舞っていたことが明らかになった。

『世界にひとつのプレイブック』のデイヴィッド・O・ラッセル監督と再び組む『American Hustle』(原題)の撮影のため、事件発生時はボストン近郊のウースターに滞在していたブラッドリー。22日にライアン・シークレストとエレン・Kがホストを務めるラジオ番組に電話出演した際、ボストン市内の病院を回って、事件で負傷した人々を見舞っていたことを明かした。

「ボストンには国土安全保障省の病院が4軒ある。だから、爆破直後に治療を受けることができた人は大勢いるんだ。もし、ほかの都市だったら、犠牲者の数はもっと増えたかもしれない」とブラッドリーは語り、爆破によって両脚を失った母親とその娘、同様に両脚を失った青年に面会したと話した。

ブラッドリーが病院を訪問した19日の日中は、逃亡中だった容疑者捜索のためにボストン周辺地域が封鎖され、映画の撮影も中止を余儀なくされていた。容疑者のジョハル・ツァルナエフ(19)は同夜に逮捕された。ブラッドリーは現在の様子について「街に活気が戻って来たのを感じる。思いやりに満ちていて、素晴らしい」と語った。

(C) Getty Images
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top