『日本情報漏えい年鑑2013』販売開始……企業ワースト10や代表的な事故約50件 | RBB TODAY

『日本情報漏えい年鑑2013』販売開始……企業ワースト10や代表的な事故約50件

ブロードバンド セキュリティ

『日本情報漏えい年鑑2013』
  • 『日本情報漏えい年鑑2013』
  • 『日本情報漏えい年鑑2013』
 イードが運営する法人向け情報セキュリティ専門メディア「ScanNetSecurity」は4月23日、「日本情報漏えい年鑑2013」を発刊した。

 2012年度に日本国内で発生した主要な個人情報漏えい事件・事故を、企業のセキュリティ担当者、法務総務担当者、セキュリティ業界関係者向けに取りまとめた資料だ。

販売ページはこちらです。
http://bit.ly/12DhJit


 「日本情報漏えい年鑑2013」は、「Scan NetSecurity」が配信するニュースの中から、企業や官公庁による個人情報漏えい事故を収集・掲載したもので、2002年から毎年刊行されている。

 同年鑑は、どのような事件が何故起きたのか、2012年に発生した代表的情報漏えい事故約50件を編年的に総覧できるほか、索引に掲載された企業名から漏えい事故を検索することも可能だ。事故毎に「事故発生のリリース発表日」「企業・団体名」「漏えい件数」「漏えい原因」「ファイル共有ソフト関与の有無」「関連URL」を収録する。

 企業のセキュリティ担当者、法務総務担当者、セキュリティ業界関係者向けて、自社あるいは自社の属する業界にどのようなリスクがあるか、また、それが事故としてどのように具体化するかを把握することができる。

 また、CSVファイルにて提供される、「日本情報漏えい年鑑 2005 - 2012」は、個人情報保護法が施行された2005年1月から、2012年12月までの8ヵ年間に国内で発生した主要な情報漏えい事故約800件のデータを収録した。

本資料掲載の主な情報漏えいインシデント
●宇宙航空研究開発機構(2012年1月17日)
●エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(2012年2月14日)
●東京ガス株式会社、東京ガスリース株式会社 (2012年6月19日)
●株式会社損害保険ジャパン(2012年6月26日)
●神奈川県横須賀市(2012年7月3日)
●カルピス株式会社(2012年7月19日)
●財務省(2012年7月24日)
●関東三菱自動車販売株式会社(2012年7月24日)
●株式会社八千代銀行(2012年8月21日)
●国立大学法人東京工業大学(2012年10月2日)

販売ページはこちらです。
http://bit.ly/12DhJit


日本情報漏えい年鑑2013
●発行:株式会社イード
●販売:株式会社イード
●判型:A4版 約40ページ
●頒価
書籍版:3万1500円
PDFファイル版(CD-ROM):2万1000円
ローデータCSVファイル版(CD-ROM)2005~2012年収録:15万7500円

目次(書籍版/PDF版)
●はじめに
●漏えい規模ランキングトップ10
●情報漏えいインシデント 2012年1月度~12月度
●情報漏洩データ(海外) 2012年
●企業団体名五十音順索引

●主な対象読者…企業のセキュリティ部門、個人情報保護関連部門、総務法務、セキュリティコンサルティング、保険会社、金融機関、監査法人、経営者・マネージメント層、専門セキュリティ機関、その他セキュリティ業界関係者

販売ページはこちらです。
http://bit.ly/12DhJit

《高木啓》

関連ニュース

特集

page top