被災地へ想いを込めて……EXILEのATSUSHIとピアニスト辻井伸行“奇跡のコラボ”PV公開 | RBB TODAY

被災地へ想いを込めて……EXILEのATSUSHIとピアニスト辻井伸行“奇跡のコラボ”PV公開

エンタメ 音楽

EXILEのATSUSHIとピアニスト辻井伸行による新曲「それでも、生きてゆく」5月1日リリースを前にビデオクリップが公開された
  • EXILEのATSUSHIとピアニスト辻井伸行による新曲「それでも、生きてゆく」5月1日リリースを前にビデオクリップが公開された
  • 新曲「それでも、生きてゆく」ジャケット
 EXILEのATSUSHIとピアニスト辻井伸行がコラボした新曲「それでも、生きてゆく」のビデオクリップが公開された。同曲は5月1日にリリースされる。

 「それでも、生きてゆく」は、東日本大震災直後、辻井がアメリカツアー中に即興的に演奏した曲に、新たにATSUSHIが歌詞を書き下ろして楽曲を完成。「苦しさの中でも、いつか希望の光が灯る」というメッセージが込められた歌詞を、万感の想いを込めて歌い上げる。

 同じ音楽家でありながらも、全く違う道を歩んできたEXILE ATSUSHIと辻井伸行だが、「大変な思いをされている方々を音楽の力で励ましたい・・・」という思いが、同曲に結実した。

 クリップでは、辻井伸行が“想い”を込めてピアノを弾き、その横でATSUSHIが“願い”を込めて歌い上げる。シンプルな映像から、二人の信念がより深く、強く伝わってくる。また、ビデオには、華道家・木村貴史、キャンドルアーティスト・高橋成彰、書道家・高野こうじ、グラフィックデザイナー・池城由紀乃といった様々なジャンルのアーティスト達が二人の“想い”を作品へと具現化し、最後には子どもたちが心のままに描いたアート作品が加わる。

 ATSUSHIは「撮影現場は愛に溢れている作品ばかりで、心が感じられる空間で、ずっとそこに居たいと思えるような、感動的な空間でした」、辻井は「この曲は震災以降、コンサートのアンコールでは必ず演奏している大切な曲です。ビデオでは華道家、書家、キャンドルアーティスト、グラフィックデザイナー、子どもたちといったたくさんの方々が参加して下さいました。アーティストの方々が僕の曲からイメージを湧かせて各々作品にしてくださった今回のMVは、本当に素晴らしい作品になったなと感動致しました」とコメント。ATSUSHIの優しげなボーカルと辻井の繊細なメロディーが見事なハーモニーを織りなしている。

《関口賢》

関連ニュース

特集

page top