JPNE、IPv6 IPoE環境でIPv4接続を可能にする「v6プラス」提供開始 | RBB TODAY

JPNE、IPv6 IPoE環境でIPv4接続を可能にする「v6プラス」提供開始

ブロードバンド テクノロジー

「v6プラス」の概要
  • 「v6プラス」の概要
  • 従来方式との比較
 日本ネットワークイネイブラー(JPNE)は18日、「フレッツ 光ネクスト」ユーザーがIPv6 IPoE接続環境からIPv4によるインターネット接続できる「v6プラス」の提供を、インターネットサービスプロバイダ向けに開始した。

 東日本電信電話(NTT東日本)および西日本電信電話(NTT西日本)が提供する「次世代ネットワーク(NGN)」をアクセス回線として、IPv6 IPoEにてIPv4インターネット接続機能を提供する。これにより、IPv6およびIPv4インターネット接続ともに下り最大1Gbpsでの通信が可能となる。

 具体的には、NTT東日本およびNTT西日本が事業者向けに提供しているソフトウェア配信サービス「フレッツ・ジョイント」を活用し、ユーザーが自宅等で利用しているホームゲートウェイに対して、「v6プラス」を利用するための設定を自動的に行う環境を提供する。

 この環境を活用することで、ユーザー自身がホームゲートウェイを設定する必要がなくなり、「v6プラス」を活用したIPv6およびIPv4によるインターネット接続を手軽に利用開始することが可能となる。

 IPv6 IPoEでは、JPNEまたは他のIPoE接続事業者のIPv6アドレスを、NTT東日本およびNTT西日本が、あらかじめユーザーに割り当てている。そのうえで、ユーザーの利用情報機器(パソコン等)から、JPNEまたは他のIPoE接続事業者が接続するNTT東日本およびNTT西日本設備までの通信を行っている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top